【清水エスパルスの予想布陣】各ポジションに穴はほぼなく“ACL出場”も夢ではない! 平岡監督の育成力に期待

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2022年02月08日

エウシーニョ、藤本、河井ら実力者が移籍も…。大きなマイナスではない

清水には5人のルーキーなど、計11名の新戦力が加わった。成長が期待できる若手の活躍に注目だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは2月18日に川崎フロンターレ対FC東京のカードでJ1が開幕。30年目のシーズンがまもなくスタートする。今企画では、J1全18チームの最新予想布陣を公開。プレシーズンの動きから各チームのスタメンとポジション別の序列を予測する。今回は昨季14位の清水エスパルスをピックアップする。

――◆――◆――
 
 昨季は異例の大型補強でプレシーズンの話題をさらった清水だが、今季は一転して堅実路線にシフトした。

 日本代表のGK権田修一がレンタルから完全移籍に移行するなど、昨年獲得した主力選手はほぼ残り、移籍組3人、大卒新人2人、高卒新人1人、ユース昇格2人、レンタルバック3人が新たに加わった。

 エウシーニョ、藤本憲明、河井陽介、中村慶太、奥井諒ら実力者がチームを離れたのは損失だが、トータルでは大きなマイナスとはなっていない。また、育成組織で長い経験を持つ平岡宏章監督の下で、成長が期待できる若手も多く、彼らが実戦でより力を発揮するようになってくれば、実質的なプラスとなるはずだ。

 フォーメーションについては、2トップが少し縦関係になる4-4-2を昨年から継続しており、これが基本布陣になりそうだ。ただ、試合状況によって終盤は3バックに変更したり、対戦相手やチーム状況によって形を変えたりといった変化はあるだろう。

 GKでは、やはり権田の存在が大きい。ただし彼がケガなどで出られなくなったとしても、永井堅梧と大久保択生はきっちりと仕事ができる力を備えている。

 ディフェンスラインには、昨年の主力が全員残っているのは頼もしいところ。センターバックでは、昨季の主軸であるヴァウド、鈴木のコンビに立田悠悟や怪我によりリハビリ中の井林章らがどれだけ食い込めるか。サイドバックは岸本武流、山原怜音の新加入組がおり、バックアップにも不安はない。

 中盤は一番の激戦区だ。1月のA代表合宿に初招集された20歳の松岡大起は、コンディションさえ問題なければボランチの軸となるだろう。ただ、ボランチのもう一角やほかのポジションで誰が主軸になっていくのか、現時点では予想が難しい。

 西澤健太、カルリーニョス・ジュニオ、ヘナト・アウグストらが怪我や合流の遅れで開幕に間に合わない可能性も高く、誰が開幕スタメンを勝ち取るかが注目される。そのなかで、山原や片山瑛一を中盤で起用する可能性も出てくるだろう。

【画像】2022 J1リーグ各チームの開幕予想布陣!
【関連記事】
【J1全18クラブ補強査定】最も際立ったのは浦和。成熟路線の川崎を阻む一番手と見られる横浜の不安要素は?
【サンフレッチェ広島の予想布陣】ドイツ人新指揮官のもと既存戦力を軸に“ゲーゲンプレス”に磨きをかける!
【柏レイソルの予想布陣】切り札ドウグラスに“三拍子揃った”アタッカー2名を補強! 前線の核を入れ替えチーム再編へ
【J1個人昇格注目プレーヤー】C大阪新加入MFはブレイクの期待大! 横浜復帰のフリーキッカーや鹿島の頭脳派ボランチも
【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ