• トップ
  • ニュース一覧
  • 【橋本英郎】圧倒的だった中盤3人の連動性。伊東の「持続できるスタミナ」には、ただただ驚かされた

【橋本英郎】圧倒的だった中盤3人の連動性。伊東の「持続できるスタミナ」には、ただただ驚かされた

カテゴリ:日本代表

橋本英郎

2022年02月02日

サウジ戦を快勝に導いた3つのポイントを解析

サウジ戦での出色の出来を披露した田中(手前)。森保ジャパンに欠かせない戦術上のキーマンを名手・橋本も称える。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 今回は日本中が注目した大一番、昨日のサウジアラビア戦について分析してみたいと思います!

 日本代表はなぜ勝利できたのか。僕が着目したのは、以下の3点になります。

・DFライン4人の調子と自信
・MF3人の連携
・FW(サイドのふたりを含む)それぞれの役割の明確化

 まずは「DFライン4人の調子と自信」からですが、サウジアラビア戦の日本の両サイドバックはともに、回数自体は少なかったものの、攻め上がりはいたってスムーズにできていたように感じました。酒井宏樹選手は決定機を演出していましたし、長友佑都選手もいつも以上に積極性を感じさせ、活性化させていました。

 ただ、DF4人でのビルドアップは、サウジアラビアの前線の守備をなかなか突破できていませんでした。MF陣のフォローの関係もあるかもしれませんが、早めにサイドバックがボールを引き出して中盤のスペースを空けたり、りポジション取りの高さに変化をつけられたら良かったように感じました。

 また、谷口彰悟選手と板倉滉選手、ふたりのセンターバックの距離感を変えたり、キーパーの権田修一選手もうまく使えるようになるともっと突破はしやすかったはずです。

 守備面に関しては、センターバックのコンビについては急造感を感じさせず、MFの3人ともしっかり連携が取れていた印象です。そのため、中央からサイドへボールを追い出すことに成功していました。サイドを崩される場面は何度かありましたが、最終的に無失点で抑えられたことで、センターバックのふたりには多少の自信にはなったと思います。
 
 続いて「MF3人の連携」です。

 攻撃面では、課題が残ったように感じました。最終ラインからビルドアップの際、上手くサポート位置に立てなかった。理由としては、サウジアラビアが巧みに枚数を合わせてきたり、中盤の形の変化に対して準備してきた点も関係しています。思い切って相手の中盤を引っ張り出して、スペースを作ったりしても面白かったかもしれません。

 ただ、守備時の連動したボールへのアタックが素晴らしかった。インターセプトから速い攻撃へ繋げたり、奪われた後の囲い込みの速さ。最終ラインを突破された時のカバーリングの速さ。DFラインが不安に感じる部分をことごとくカバーしていました。中央のパスコースの限定にも目を見張るものがありました。

 無尽蔵に感じる動きをひとりではなく、遠藤航選手、田中碧選手、守田英正選手の3人全員ができており、それによってそれぞれのミスをカバーし合い、ボールを奪った後にパス交換する際も常に互いが近くにいました。だからこそ、スムーズに前線へパスを出せていたのだと思います。

【PHOTO】日本代表戦を彩る美女サポーターたちを一挙紹介!
【関連記事】
「ロケットをぶち込まれた!」堂々5連勝の日本代表にサウジ地元紙も脱帽!「点を取れる気配さえなかった」
「日本の底力を見た!」サウジに完勝を収めた森保ジャパンを韓国メディアが高評価!「圧倒的に支配」
【日本2-0サウジアラビア|採点&寸評】計り知れない伊東の貢献度。中盤トリオ、谷口、酒井らも難敵撃破に奮闘
「凄まじいプレッシャーだ」サウジ撃破で5連勝の日本代表に豪メディアが反応!「直接対決はあるが…」
【セルジオ越後】まさに伊東の独り舞台だった2連戦!南野にも得点は生まれたけど、まだまだ輝きを感じないよ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ