【J1展望】2ndステージ・5節|横浜-清水|“トップ下・中村”が復活濃厚の横浜に対し、守備に難のある清水がどう立ち向かうか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年07月28日

横浜――上手くハマれば圧巻のゴールショーも。清水――守備の改善を急ぎたい。

故障者/横浜=仲川、榎本、喜田、矢島 清水=なし 
出場停止/横浜=なし 清水=なし

画像を見る

J1リーグ2ndステージ・5節
横浜F・マリノス 清水エスパルス
7月29日(水)/19:30/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
2ndステージ成績(4節終了時):16位 勝点2 0勝2分2敗 3得点・6失点
年間成績(21試合終了時):8位 勝点28 7勝7分7敗 24得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●試合前日の練習で中村をトップ下に置いた布陣をテスト。清水戦ではトップ下・中村が復活しそうだ。
●セットプレー練習で中村が鋭いキックを連発。3節・G大阪戦に続くセットプレーからのゴールに期待がかかる。
●2ボランチは兵藤と三門が組み、中村を後方からサポートする。
●ベンチにはラフィーニャ、伊藤が控えており、攻撃的にギアチェンジしたい場面では前線に投入されるだろう。
 
【担当記者の視点】
 第2ステージに入り、4試合を終えていまだ白星がないなか、現状打破のため、いよいよ中村の“トップ下起用”に踏み切りそうだ。
 
 天職とも言える慣れ親しんだポジションで、背番号10がどんな輝きを放つのか。アデミウソン、藤本、齋藤の三人が息の合ったコンビネーションを見せるなか、稀代のファンタジスタが絶妙なアクセントを加える――ある意味、本来の姿に戻った編成が上手くハマれば、圧巻のゴールショーが期待できるかもしれない。
 
 一方、清水は年間成績で最下位に沈むとはいえ、前線のポテンシャルと破壊力は決して侮れない。P・ウタカや鄭に良い形でボールを入れさせないよう、早い段階でパスの供給源を潰すようなアグレッシブな守備を貫き、ゲームを優位に進められれば、勝利の確率は自ずと高まっていくはずだ。
 
清水エスパルス
2ndステージ成績(4節終了時):17位 勝点2 0勝2分2敗 4得点・10失点
年間成績(21試合終了時): 18位 勝点15 3勝6分12敗 26得点・42失点
 
【最新チーム事情】
●前節・川崎戦では“再逆転”を許し、いまだ第2ステージ勝利なし。
●非公開練習が続くなか、守備の改善に期待が集まる。
●P・ウタカが別メニュー調整も、横浜戦は出場濃厚。
 
【担当記者の視点】
 前節の川崎戦は前半をリードして終えながらも、後半に2失点して敗北。これで第2ステージいまだ白星なしと、残留に向けて厳しい状況が続いている。
 
 その川崎戦の後半は、相手にプレッシャーがかからず、簡単に最終ラインの背後を取られてピンチを招いた。新加入の鄭は「前半は良かったけど、後半も続けなければいけない」と反省。また、「失点した時の(精神的な)落ち込みが大きすぎる」と危惧した。
 
 失点を減らすためには、大榎監督が就任当初から言い続ける「まずはボールに(プレッシャーに)行く。それができない時は背後のケアをする」といった点をどこまで突き詰められるかがポイント。また、守備的に戦うことを望まない指揮官だが、横浜戦では「人に対してはっきり行く」ことに重きを置き、村松のボランチ起用なども考えられそうだ。
 
 2戦連続で2ゴールのP・ウタカらの攻撃力は、決して低くない。彼らの貢献を勝利に結びつけるためにも、守備の改善を急ぎたい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ