「見たことない」中村憲剛が選んだ“中国戦のMOM”が魅せた圧巻プレーとは? 伊東純也ではなく…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月28日

「なかなか発揮する機会がなかった」

DAZNで解説を詰めた中村憲剛がMOMに選んだのは…。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本代表は1月27日、埼玉スタジアムで中国代表とのカタール・ワールドカップのアジア最終予選・第7戦に臨み、2‐0で快勝。4連勝を飾り、グループ2位をキープしている。

 立ち上がりから圧倒的にゲームを支配した日本は13分、伊東純也が右サイドから上げたクロスが相手のハンドを誘発し、PKを獲得。これを大迫勇也がゴール右に決めて先制に成功する。

 その後は、フィニッシュの精度を欠いて追加点が奪えなかったものの、61分に途中出場の左SB中山雄太の鋭いクロスに伊東がドンピシャのヘッドで合わせ、2点目を奪取。守っても中国に枠内シュートを1本も許さなかった。

【PHOTO】重要な2連戦!埼玉スタジアムに駆けつけた日本代表サポーター!
 DAZNで解説を務めた元日本代表MFの中村憲剛氏は試合後、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに、2点に絡んで公式のMOMに輝いた伊東純也ではなく、インサイドハーフの守田英正を選出。現在はポルトガルのサンタ・クララでプレーする川崎フロンターレ時代の後輩を選んだ理由について、こう説明している。

「広範囲でボールにタッチしていたし、パスの巡回役にもなっていた。守備から攻撃への切り替えの部分も非常に目立っていた。パスの成功率が低いのがちょっと気になるけど、それだけ色々なところをカバーしていたのかな」

 またポルトガルに行って成長した部分について問われると、「日本にいた時から何でもできた。ビルドアップに顔を出すのも怖がらないし、前を向けるし、斜めにボールも入れられる。球際も強くてタフ。それが全体的にスケールアップした感じ」と称賛。こう続けている。

「向こうで強度の高いプレーをしているせいなのか、余裕を感じる。相手をしっかり見てプレーできている」

 その“余裕”を感じさせたのが、38分のプレーだ。田中碧からボールを受けると、ダイレクトで絶妙のヒールパスを南野拓実に通したのだ。この10番のシュートが敵にブロックされ、惜しくもゴールとはならなかったものの、決定機を作り出した。
【動画】「こんなの見たことない」元同僚・中村憲剛も唸った圧巻のヒールパス

 元チームメイトの中村氏もこのプレーには驚かされたようだ。「こういう守田は見たことがない。フロンターレではアンカーだったので、技術もアイデアもあったけど、なかなか発揮する機会がなかった」と語っている。

 先輩からの褒め言葉は、守田にとって何にも代えがたい喜びだったのではないだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本2-0中国|大迫!伊東!中国から2点を奪い、新年初戦を勝利で飾る!
【関連記事】
「唸るような立ち位置だった」内田篤人が絶賛した中国戦の“影のMVP”は?「テレビでは扱いにくい動きなんですけど…」
【セルジオ越後】大迫、南野は期待外れ、前田も追い回しは良かったが…伊東以外のアタッカーにワクワク感がない
「日本のファンに嘲笑された」中国代表の完敗に母国メディアが落胆!「特に傷つけられた言葉は…」
試合中に揉めた南野拓実と中国代表MFの“8年前の因縁”に敵国メディアが注目!「広がった両選手の差は、両国の差の縮図だ」
【日本2-0中国|採点&寸評】リズムをもたらした“川崎カルテット”。伊東純也の勢いも止まらず!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ