「日本のファンに嘲笑された」中国代表の完敗に母国メディアが落胆!「特に傷つけられた言葉は…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月28日

「プレスを受けると、すぐにボールを失った」

日本に終始押し込まれ、枠内シュート0本に抑え込まれた中国。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 1月27日に行なわれたカタール・ワールドカップのアジア最終予選で、日本代表は埼玉スタジアムで中国代表と対戦。2‐0で快勝を収めて4連勝を飾り、5勝2敗とした。

 13分に大迫勇也のPKで先制した日本は、その後も一方的にゲームを支配。61分に途中出場の左SB中山雄太のクロスに伊東が見事なヘッドで合わせて追加点を奪う。守備ではシュート2本(枠内シュート0本)に抑え込み、スコア以上の差を見せつけた。

 中国のポータルサイト『捜狐』は、「中国代表の0-2の敗戦は、大衆の怒りを集め、日本のファンは嘲笑した」と見出しを打った記事を掲載。次のような国民の怒りの声を紹介している。

【PHOTO】重要な2連戦!埼玉スタジアムに駆けつけた日本代表サポーター!
「これほど役立たずだとは思っていなかった」
「感情も戦う精神もないロボットが機械的にゲームを終了した」
「ユースの強化を精力的に進めないと、2026年のワールドカップにも出場できない」
「たとえ差があっても、やる気を出し、勇気を持って戦う必要があるだろ」
「プレスを受けると、すぐにボールを失った」
「プロの選手たちが日々どんなトレーニングで何をしているのかを見てみたいものだ」
「すぐに2~3人に囲まれて、ボールを奪われる」

 そして、「多くの日本人のファンが嘲笑した」とも指摘。「特に傷ついたのは、日本にはゴールキーパーが必要なかった、というものだ」と綴っている。

 ただ、同メディアは「反論することはできない」としており、枠内シュートを1本も撃てなかった自国の代表の不甲斐なさを嘆いた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】中山のクロスにドンピシャのヘッド!伊東純也の鮮やかな3戦連発弾

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本2-0中国|大迫!伊東!中国から2点を奪い、新年初戦を勝利で飾る!
【関連記事】
「唸るような立ち位置だった」内田篤人が絶賛した中国戦の“影のMVP”は?「テレビでは扱いにくい動きなんですけど…」
【セルジオ越後】大迫、南野は期待外れ、前田も追い回しは良かったが…伊東以外のアタッカーにワクワク感がない
試合中に揉めた南野拓実と中国代表MFの“8年前の因縁”に敵国メディアが注目!「広がった両選手の差は、両国の差の縮図だ」
「見たことない」中村憲剛が選んだ“中国戦のMOM”が魅せた圧巻プレーとは? 伊東純也ではなく…
「日本は非常に強かった」中国主将が明かした森保ジャパンの印象は? 素早いプレスには脱帽「ボールを奪っても…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ