マンCが近未来のエース候補獲得でリーベルと合意! フリアン・アルバレスとは何者か?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2022年01月26日

グアルディオラ監督のスタイルとは相性抜群?

身長170センチ、体重71キロと軽量級ながら、機動力とゴールセンスに長けたアルバレス。グアルディオラのスタイルとは相性が良いだろう。(C)Getty Images

画像を見る

 ストライカーの補強に動いているマンチェスター・シティが、アルゼンチン代表FWのフリアン・アルバレスを獲得するとことで、リーベル・プレートと合意に至ったようだ。

 移籍専門記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、移籍金はボーナス込みで1850万ユーロ。契約は5年だがこの冬の加入ではなく、7月まではレンタルという形で引き続きリーベルに留まり、合流は夏になる見込みだ。

 1月31日に22歳の誕生日を迎えるアルバレスは、高度なテクニックと確かなゲームビジョンを備えたストライカーで、コンビネーションプレーに持ち味があり、機動力を活かしたスペースアタックも得意。その点では、状況に応じた位置取りや周囲との連携がなにより求められるグアルディオラ監督のフットボールとの相性も、悪くはないだろう。
 
 21年6月にはアルゼンチン代表にもデビュー。ここまで5キャップを刻んでいるアルバレスは、カタール・ワールドカップでも活躍が期待される超新星だ。

 もっとも、フットボーラーとしての才能と将来性は確かながら、ヨーロッパは初挑戦。しかも求められる結果も重圧も桁違いのビッグクラブで、いきなりエース級の働きを期待するのはさすがに酷だろう。2~3年後の本格化を見据え、マンCがこの夏、さらに前線の強化に動く可能性は大いにある。

 かねてから狙うハリー・ケイン(トッテナム)やアーリング・ハーランド(ドルトムント)の獲得も、まだ諦めてはいないはずだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「彼の活躍に興奮している」ブライトンのスタッフがベルギーで躍動する三笘薫を絶賛!「慣れないWBでプレーし…」
「あんな攻撃では難しい」アーセナルの守護神が低調なアタッカー陣に喝!「相手にとっては肉や飲み物みたいな…」
「得点王に輝いたのに…」前田大然の日本代表での起用法に英メディアも注目!「森保監督が頼りにしているのは大迫だ」
「心地よいものではない」35歳ナバス、ドンナルンマとの熾烈な正守護神争いに言及!「2人ともプレーするのが好き」
「上手すぎて笑える」ベンゼマの超絶トラップ→シュートに都並敏史が驚愕!「どういう技術ですか?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ