「テクニックとスピードを兼備」中国メディアが警戒する森保ジャパンの2選手は? 吉田と冨安の欠場には「日本の守備に間違いなく影響がある」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月26日

「中国より2点少ないというのは日本にとって恥ずかしい」

27日に埼玉スタジアムで中国と対戦する森保ジャパン。 (C)JFA

画像を見る

 1月27日、カタール・ワールドカップ・アジア最終予選の第7節で、日本代表は埼玉スタジアムに中国代表を迎える。

 中国の大手メディア『新浪体育』は26日、この一戦のプレビュー記事を掲載。日本のフォーメーションは4-3-3で、GKは権田修一(清水)、最終ラインは右から、酒井宏樹(浦和)、植田直通(ニーム)、谷口彰悟(川崎)、長友佑都(FC東京)、アンカーに遠藤航(シュツットガルト)、インサイドハーフは田中碧(デュッセルドルフ)と守田英正(サンタ・クララ)、3トップは右から伊東純也(ヘンク)、大迫勇也(神戸)、南野拓実(リバプール)と予想。「中心選手」として南野、伊東、長友の3人を挙げている。

 同メディアはまず、森保ジャパンの決定力不足に言及。「6試合・5ゴールで中国(7点)より、2点少ないというのは日本にとって恥ずかしい。日本と戦うアジアのチームは、“ゴール前にバスを止める”ので、密集を破るのに苦戦している」と綴っている。
 
 それでも、「幸いなことに、日本にはウイングにテクニックとスピードの兼ね備えた“意気揚々とした”選手がいる」とし、両サイドの伊東と南野に警戒心を強めている。

「彼らは単独で突破し、個の能力でチャンスを構築できる。現在、森保監督は両サイドに伊東と南野を起用している。加えて、浅野拓磨(ボーフム)、原口元気(ウニオン・ベルリン)、堂安律(PSV)などがいる」

 さらに、「決定力不足に加えて、森保監督は別の問題にも直面している」と指摘。「主力DFであるCBコンビ、吉田麻也(サンプドリア)と冨安健洋(アーセナル)が怪我のために欠場する。日本の守備に間違いなく影響がある。その影響は、中国が日本の守備陣にどれだけの脅威をもたらすことができるかによって異なる」と記している。

 最後に「日本の勝ち」と勝敗を予想した同メディア。攻守両面で問題を抱えていても、やはり地力では差があると見ているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部






【PHOTO】W杯アジア最終予選中国、サウジアラビア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
【関連記事】
中国戦の推奨スタメンは?|板倉&谷口が不安定なら3-4-3への変更も一手【記者の視点】
松井大輔が考える日本代表・中国戦“理想のスタメン”は? 注目プレーヤ―として挙げたのは…「違いを作れる選手がいないので」
「凄いとしか言いようがない」名手・小野伸二が絶賛した日本代表戦士は?「あっと驚くようなプレーをする」
中国・サウジ2連戦最大のキーポイント、吉田&冨安の代役問題の行方。新たなCBコンビで序列主義から脱却できるか?
「鎌田でも入れないのか?」森保ジャパンの23人発表に中国のファンは衝撃!「わが国の選手は足が震えているだろう」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ