久保建英が語る森保ジャパンの4-3-3。「もしインサイドハーフで出るなら、僕は…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月25日

「すごく難しいフォーメーションだと思います」

久々の代表招集となった久保。スペインでも好調を維持するレフティの活躍に期待したい。※写真は会見中のスクリーンショット

画像を見る

 昨年の9月シリーズ以来、日本代表に招集された久保建英。自身が不在の間、チームは従来の4-2-3-1から、4-3-3を主戦システムに。1月25日のオンライン取材に応じた久保が、4-3-3について言及した。

「僕が小さい頃は、4-3-3のインサイドハーフでやっていて、今は、どっちかというと前目のポジションに落ち着いていますけど、昔は4-3-3のインサイドハーフばっかりで試合に出ていることもあって。全然できると思います」

 このシステムの特性については、次のように語る

「そもそも、4-3-3でプレーするチームって、たぶん世界でも限られていると思います。圧倒的にボールを保持して、ポゼッションに絶対的な自信を持っているチームしか、僕はあまり見たことがない。すごく難しいフォーメーションではあるなと思っています」
 
 森保ジャパンにおける4-3-3、とりわけ中盤の3枚については、どんなイメージを抱いているか。

「インサイドハーフというより、3ボランチ気味になっていると思いますけど、結局、前に厚みをかけていくなら、もっと上がったほうがいいかなとは個人的に思っています。久しぶりの代表で、僕は代表で4-3-3を経験していないので、自分がどうなるか分からないですけど、もしインサイドハーフで出るなら僕はもっと高い位置を取ろうかな、と」

 代表での4-3-3に関しては、「新入りみたいなもの」だが「楽しみ」でもある。日本の至宝がどのポジションで起用され、どんなプレーを見せるか注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】W杯アジア最終予選中国、サウジアラビア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 
【関連記事】
期待される直接FK弾に久保建英が持論。「決めてみて、改めて難しさは分かった」
「本当に恥だ」強烈タックルで負傷した井手口陽介に苦言の宿敵OBに地元メディアが反論!「やられた選手が責められるなんて…」
「ドリブルがもう凄かった」松井大輔が高校時代に衝撃を受けた“消えた天才”とは?「本当に止められない」
「腹立たしいのは…」世界的守護神オブラクが久保建英の“股抜き弾”を回想!「彼はすごい選手になる」
「うっっっま」「やばいだろ」久保建英の名手翻弄ターン→圧巻キープ→3人包囲網打開のピンポイントクロスが反響!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ