「腹立たしいのは…」世界的守護神オブラクが久保建英の“股抜き弾”を回想!「彼はすごい選手になる」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月25日

「絶対にファーサイドを狙っている気がした」

久保の今季初ゴールを振り返ったのがオブラク(右)だ。(C)Getty Images

画像を見る

 普段は冷静な守護神が、何度も地面を叩く姿が、その悔しさを物語っていた。

 1月22日に『WOWOW』で生中継されたラ・リーガ第22節ビジャレアル対マジョルカのハーフタイム企画「久保建英&ヤン・オブラク ーTAKEの今季初ゴールを語る―」で、アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクが、自身が決められた久保建英の今季初ゴールを振り返った。

 昨年12月4日に開催されたラ・リーガ第16節のアトレティコ・マドリー対マジョルカ戦、1‐1で迎えた後半アディショナルタイム1分だった。

 カウンターから裏のスペースに抜け出た久保は、約40メートルを独走し、最後はオブラクの股を抜く冷静なシュートで劇的な勝ち越し点を奪取。世界屈指の守護神が悔しがる姿も話題となった。

【動画】冷静な名手オブラクを激怒させる! 久保建英が回顧した独走からの劇的股抜き弾

 オブラクはこの被弾について、「終了間際の失点だったから、もちろん悔しかった」と切り出し、「40メートルぐらいの独走でかなり時間があっただけに、少し腹立たしかった」と振り返った。

「彼は(右サイドから中央へ)斜めに動いて逆(左)サイドを狙おうとしていたが、最後のコントロールが少し短くなった。結果、うまくミートしなかったシュートが股の下を抜けていった」

 安定感抜群のシュートストッパーは、「彼の体勢、シュートの打ち方を見て、絶対にファーサイドを狙っている気がした」と回想している。

 久保が意図的に股抜きを狙っていた事実を告げられると、「狙っていたなら、うまくやったね。マジョルカにとって大きなゴールを決めた彼を祝福するよ」と駆け引きに負けたことを素直に認め、「でも、次は止めたいね」と語っている。

 最後に、リーガ王者の最後の砦は、日本の至宝に対してこんな賛辞を贈っている。

「彼は素晴らしい選手だ。私たちとの試合までゴールを決めていなかったので、難しい時期を過ごしていたと思う。でも、ゴールを決めて貢献した。まだ若いけど、才能豊かな選手で、このまま続けていけば、すごい選手になるだろう」

 この名手から奪った1点は、久保にとっても自信となったはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【動画】「最高やん」「バカかっこいい」とファン興奮!久保とイ・ガンインが絡んだ“激アツ”シーン

【動画】ヒールでボールを浮かせて…久保建英が披露した驚愕のテクニック

【関連記事】
「オブラク選手に気圧された」久保建英はなぜ咄嗟に“股抜き”を選択したのか。今季初ゴールを生んだ名守護神との駆け引きを回顧「ヤバいかもな」
「タケだけレベチやん」よろける久保建英に大爆笑したイ・ガンインはまさかの…マジョルカの“笑撃”ドリブル練習が大反響!「下手なバラエティー番組より面白い」
「うっっっま」「やばいだろ」久保建英の名手翻弄ターン→圧巻キープ→3人包囲網打開のピンポイントクロスが反響!
「こういうのが観たかった」久保建英の劇的弾後の“振る舞い”が大反響!イ・ガンインとの仲良しぶりも話題!「肩組んでるの熱い」
「試合後にそのまま入院した」大久保嘉人がマジョルカ衝撃デビューの壮絶な舞台裏を回顧! 内田篤人も驚き「すげぇ、さすが国見ですね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ