古橋亨梧、手術施行で今季絶望の可能性。現地記者が報じる「ポステコグルー監督が公の場で何と言おうと…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月25日

「医療スタッフは検討している」

この古橋が長期離脱となれば、セルティックにとっては深刻な事態だ。(C)Getty Images

画像を見る

 セルティックに所属するFW古橋亨梧はハムストリングの故障で戦線離脱中で、今回の日本代表にも招集されなかった。

 セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督は先日、「彼はまだ怪我から回復していない。少なくとも今後、数週間は試合に出られないだろうし、もっと長くなる可能性もある」とコメントした。

 ここまで公式戦26試合で16ゴールを挙げているエースの状態は、現地スコットランドでもたびたび話題に上がっている。

【動画】動き出し、トラップ、フィニッシュ、全てが秀逸!古橋がリーグカップ決勝で決めた圧巻ゴラッソ2発
 そんななか、気になるニュースを報じたのが、キース・ジャクソン記者だ。スコットランドを拠点とする英国紙『Daily Record』で、古橋の手術の可能性に言及している。

「もし怪我が深刻で手術が必要になった場合、ポステコグルーが『シーズンが終わる前に確実に戻ってくる』と主張しているのは、ひどく楽観的に思える。彼が公の場で何と言おうと、セルティックの医療スタッフは、古橋が通常約4か月のリハビリを要する手術する可能性について検討している」

 4か月のリハビリは、すなわち今季絶望を意味する。今冬に加入した前田大然が、鮮烈なデビューを飾ったとはいえ、残りのシーズンを古橋なしで戦うことになれば、リーグタイトルの奪還が至上命題のセルティックにとって大打撃だ。続報が待たれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】完璧なトラップから冷静なフィニッシュ!ELのGSベストゴールに選出された古橋のゴラッソ

【PHOTO】2022年冬の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
【関連記事】
「ドリブルがもう凄かった」松井大輔が高校時代に衝撃を受けた“消えた天才”とは?「本当に止められない」
「こっちのほうが強度が高い」古橋亨梧が明かしたJリーグとスコットランドの違い。「見えないところで…」
「スキャンダルだ、完全に出てただろ」PSV、宿敵との大一番で決勝点を巡る判定に激怒!堂安律は「許されるなら、感じていることを全て言いたい…」
「ナカは静か。ミズノは話そうとした」中村俊輔と水野晃樹の元同僚が古巣セルティックの日本人大補強に見解!「ニッポン人は尊敬に値する」
「鎌田でも入れないのか?」森保ジャパンの23人発表に中国のファンは衝撃!「わが国の選手は足が震えているだろう」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ