「カマダはファイターだ」フランクフルト鎌田大地に現地メディアが最高評価&MOMに選出!「自己主張が足りないと批判されたが…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月18日

試合はドローに終わるも…

今シーズンのリーグ戦2点目を決めた鎌田。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月16日に行なわれたブンデスリーガ第19節で、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトはアウクスブルクと対戦し、1-1のドローに終わった。両日本人選手は、ともにフル出場を果たしている。

 鎌田は22分に先制点を奪い、今シーズンのブンデスで2点目を記録。現地専門誌『kicker』は、「カマダはファイターであり、チームに変化を与える」と称えた。採点では、チーム内単独トップの「2点」を与えられ、マン・オブ・ザ・マッチに選出されている(※ドイツ・メディアの採点は1が最高、6が最低)。

「背番号15は、アウクスブルク戦で最も印象的な形でゴールシートに名前を刻んだ。MFのクオリティはかなり多様化しており、今では前線で戦うこともできるようになった。オリバー・グラスナーは鎌田のゴールシーンを『美しいプレーだった』と称えた。そう思ったのは指揮官だけではなかっただろう」
 
 そして、印象的であったのはゴールシーンに留まらないと称えている。

「日本人選手の最も華やかなシーンではあったが、それだけではない。この25歳はディフェンスラインの間のスペースに何度も危険なボールを突き刺し、クリエイティブなアイデアと81%という高いパス成功率で、フランクフルトの攻撃の要となった。

 しかし何よりも、鎌田は前線で戦うファイターだった。フランクフルトの選手の中で最も多くのデュエルに挑み、59%の確率で勝利した。何度も何度も相手陣内でボールを奪って、賢く、そして毒々しくプレーした。デュエルで自己主張が足りないといって批判されることは今はもうほとんど無くなった」

 鎌田はこれで、今シーズンの公式戦で5ゴール・1アシスト。昨シーズンに比べれば物足りなさはあり、「合格点ではあるが、まだ改善の余地はある」(『kicker』)とも評されている。

 とはいえ、チームには欠かせない存在となっていることは疑いようがない。今後の活躍に、現地メディアも期待を膨らませているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
 
【関連記事】
「かわし方がやばい」鎌田大地の華麗なフェイント弾が反響!「メッシのゴール思い出した」
「卓越したテクニック」4戦連発の奥川雅也を独メディアが絶賛! ブンデス公式も賛辞「クールなフィニッシュ」
38歳目前の“仕事人”長谷部誠を、フランクフルト指揮官が改めて称賛「彼は信じられないほど評価されている」
「夢のようなスタート」鮮烈デビュー弾の前田大然&MOM旗手怜央を現地メディアが絶賛!「どこにでもいるようだった」
「3人とも素晴しかった」ポステコグルー監督が初陣の“日本人トリオ”に賛辞!躍動した旗手怜央とOB中村俊輔を早速比較する声には…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ