• トップ
  • ニュース一覧
  • 【強豪校歴代ベスト11】清水市商高編|小野、山田、名波など中盤は多士済々。守護神は川口ではなく…

【強豪校歴代ベスト11】清水市商高編|小野、山田、名波など中盤は多士済々。守護神は川口ではなく…

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月27日

世代屈指のタレントとして名を馳せた山田

名波(7番)や山田(10番)らを擁する90年のチームは“史上最強”と語り草に。主力メンバーのほとんどが後にJリーガーとなった。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 今年で第100回大会を迎える全国高校サッカー選手権大会。この歴史ある大会を登竜門として、多くの選手がプロの舞台へ、あるいは日本代表へ、はたまた海外へと羽ばたいていった。とりわけ、古豪と呼ばれる全国の常連校からは多数のスター選手が生まれている。本稿では、サッカーダイジェストWeb編集部が強豪校別に独自のベストイレブンを選定してみた。今回は、選手権優勝3回、インターハイ優勝4回、全日本ユース優勝5回と、全国制覇は12回を数える清水市商高にフォーカスする。

――◆――◆――
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新17代目の茅島みずきまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 2トップは、前線で抜群の存在感を発揮しチームの攻撃を支えた2人をセレクト。青嶋文明は、64回大会で選手権を初制覇した時のエースストライカーで、安永聡太郎は選手権、インターハイ、全日本ユースいずれの大会でも優勝を経験した。

 中盤は多士済々。攻撃的MFには、当時から圧倒的なスキルを見せつけた小野伸二と、絶大なキャプテンシーを示した三浦文丈を選出。次点には、高校生ながら79年のワールドユースに出場した風間八宏、頼れる司令塔としてチームを操舵した藤田俊哉を選んだ。

 右サイドは、1年次からレギュラーに食い込み、67回大会の選手権ファイナルでの決勝弾など、ここぞという場面で勝負強さを発揮した山田隆裕。世代屈指のタレントとして名を馳せたアタッカーは外せない。鋭い突破を武器に活躍した水野晃樹と同じく、甘いマスクでも人気を博した。左サイドは、安永と同期で多くのタイトル獲得に貢献した佐藤由紀彦。彼ら2人が1年の時に最上級生としてチームを引っ張った平野孝も印象深いひとりだ。

 アンカーは、得点力やゲームメイクなどマルチな才能が光る望月重良を抑えて、“史上最強”と語り継がれる90年のチームで異彩を放っていた名波浩を一番手とした。

 ほとんどの主力メンバーが後にJリーガーとなったその90年のチームで、名波と同学年の薩川了洋と大岩剛に加え、高い戦術理解度を備えた田中誠が3バックを形成。守護神は、72回大会の選手権で腕章を巻き優勝へと導いた川口能活も捨てがたいが、青嶋とともに輝かしい歴史の幕開けとなる“1冠目”に尽力した真田雅則を推したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】清水市商の最強の11人は? 強豪校別 歴代ベストイレブン!
 
【関連記事】
【強豪校歴代ベスト11】帝京高編|磯貝、松波ら個性派が揃うカナリア軍団! 現役プレーヤーも2名セレクト
【強豪校歴代ベスト11】市立船橋高編|通算14回の全国制覇の礎は鉄壁の守備。人材豊富なDFから選出したのは…
【強豪校歴代ベスト11】国見高編|日本が誇る圧巻ツインタワーの背後からJ最多得点の大久保嘉人が襲い掛かる!
【強豪校歴代ベスト11】鹿児島実高編|前園、遠藤、城、松井… 絢爛豪華なアタッカー陣が完成!最終ラインも代表クラスが勢揃い
「彼はやばい、抜群にいい」城彰二が高校2年の怪物ストライカーを激賞!「とび抜けている」と評した強みは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ