【強豪校歴代ベスト11】国見高編|日本が誇る圧巻ツインタワーの背後からJ最多得点の大久保嘉人が襲い掛かる!

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月25日

前線3人のインパクトが凄すぎる!

いずれも3年次に選手権優勝を経験した大久保(左)、平山(中央)、三浦(右)。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 今年で第100回大会を迎える全国高校サッカー選手権大会。この歴史ある大会を登竜門として、多くの選手がプロの舞台へ、あるいは日本代表へ、はたまた海外へと羽ばたいていった。とりわけ、古豪と呼ばれる全国の常連校からは多数のスター選手が生まれている。本稿では、サッカーダイジェストWeb編集部が強豪校別に独自のベストイレブンを選定してみた。今回は戦後最多タイの選手権優勝6回を誇る国見高にフォーカスする。

――◆――◆――
 
 FWは、日本が誇る“アジアの大砲”高木琢也と史上初の選手権2年連続得点王に輝いた平山相太の2トップだ。このふたりだけでも相当なインパクトだが、国見には船越優蔵や松橋章太、渡邉千真など、その後Jリーグでも名を馳せたアタッカーたちが目白押し。

 そして強力な2トップの背後に1.5列目として控えるのがJリーグ歴代最多得点を誇る大久保嘉人。前線の3人だけでゴールを量産しそうな雰囲気さえ漂うが、脇を固める中盤の選手たちも多士済々だ。ダイヤモンドの左にはフリーキックの名手である三浦淳宏、右には国見きってのテクニシャン永井秀樹をセレクト。永井兄弟の弟・篤志もドリブラーで三浦とともに71回大会の選手権優勝に貢献した。アンカーには現役選手から山村和也(川崎)を抜擢した。

 最終ラインも個性的な面々が揃った。右サイドには平山と同世代でマンマークでは他の追随を許さぬ強さを見せた中村北斗を選出。左にはアトランタ五輪での“マイアミの奇跡”の演出者である路木龍次を選んだ。そしてセンターバックコンビは、FWとDFで存在感を見せた上村崇士と、国見の選手権2連覇に貢献した徳永悠平を選出した。

 また、GKも名手揃いだが、90年度の69回大会で鹿実との延長戦の激闘を1-0で制し、優勝に貢献した塚本秀樹をチョイス。日本代表歴もある都築龍太だが、ここではサブに回ってもらった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【強豪校歴代ベスト11】鹿児島実高編|前園、遠藤、城、松井… 絢爛豪華なアタッカー陣が完成!最終ラインも代表クラスが勢揃い
“怪物”平山相太が現役時代に凄いと思った3人の選手。「どんだけ自分はニセモノなんだ」と痛感した本当の怪物とは?
「選手権で優勝した後、小嶺先生に怒鳴られて…」指導者に転身した平山相太がいま振り返る高校時代と理想とするFW像
【高校サッカー勢力図】2021選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング!! あなたの出身地は何位?
【選手権】絢爛豪華、歴代応援マネージャーを一挙紹介!ガッキー、広瀬すず&アリス姉妹…最新の本田望結は「実は前回大会に…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ