「いや、無理です」なぜ中村俊輔は一度断った“横浜の10番”をつける決心をしたのか? “ミスター・マリノス”との秘話を告白!「逆につけたいと思った」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月22日

「そういう話があるんですけど…」

中村は入団3年目に25番から10番へと変更した。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 横浜FCの元日本代表MF中村俊輔が、浦和レッズで活躍した鈴木啓太氏のYouTubeチャンネルに出演し、横浜F・マリノスで10番をつけることになった時のエピソードを明かしている。

 桐光学園時代から高校サッカー界のスターとして注目を浴びていた中村には、5~6チームから誘いがあり、「10番を用意する」というクラブも少なくなかったという。ただ、本人は「高校生からしたら、そういう誘い方はプレッシャーでしかない」と当時の心境を回顧している。

 結局、ジュニアユースまでプレーした横浜への入団を決めたレフティは、25番をつける。

「(マリノスの初代10番である)木村和司さんが、新人の時につけていた番号だった。その和司さんが使っていた寮の25番の部屋に入れただけで光栄だった。ボロボロだけどね、寮自体は」

【PHOTO】「伝説のFK弾」も!中村俊輔のキャリアを厳選フォトで振り返る
 高卒1年目から27試合に出場して5ゴールをマークし、優秀新人賞に輝く活躍を見せた中村は、瞬く間に中心選手に成長。そして、3年目に向けた契約交渉時に「10番どう?」と聞かれたが、はじめは「いや無理です」と断ったという。

「取材の時に和司さんと会う機会があって、『そういう話があるんですけど』と話したら、『自分色に染めればいいから』と言われて。それですごく気が楽になって、じゃあ(10番)をつけさせてもらおうかな、と思った」

“ミスター・マリノス”からの言葉に、「逆につけなきゃ、つけたい。頑張りたい」という気持ちになったという。

 こうして10番をつけることになったファンタジスタは、通算7年に渡って、横浜でこのエース番号を纏い、見事に「俊輔色」に染めたのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】マンチェスター・ユナイテッドを沈める!中村俊輔が決めた伝説のFK弾をチェック!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「大会は観られなかった。韓国に逃亡した」中村俊輔が衝撃の2002年W杯落選を回想!「選ばれない理由は分かっていた」
「練習に参加してジュビロが一番強かったけど…」中村俊輔がユース昇格を逃したマリノスへ入団した経緯を激白!「ジェフは10番を付けてくれと」
「あの人はやばかった」「センスの塊」城彰二がマリノス移籍時に驚かされた“天才MF”は? 中村俊輔ではなく…
「自信を失った」中村俊輔がJリーグと海外サッカーの“大きな違い”を英紙に語る「奇妙な気分だった」
「今でも胸が熱くなる」中澤佑二&中村俊輔の豪華2ショットに喝采!「最高&最強」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ