シュバインシュタイガー売却のバイエルン、ビダル獲得でユーベと実質合意。ユーベは後釜候補にシャルケのドラクスラーを狙う

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年07月16日

ボーナス込み4000万ユーロで両クラブが折り合う。

バイエルン移籍が内定したビダル。そのビダルを手放すユベントスは、後釜にシャルケの新鋭ドラクスラーを狙う。 (C) Getty Images

画像を見る

 7月15日に『トゥットスポルト』紙のウェブ版がスクープした通り、バイエルンはマンチェスター・ユナイテッドに売却したドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーの後釜として、ユベントスのチリ代表アルトゥーロ・ビダルに照準を合わせて、交渉に動き出している。
 
 バイエルン側で交渉に当たっているのは、レバークーゼン時代にSDとしてビダルをコロコロ(チリ)から獲得したミヒャエル・レシュケ。交渉は急ピッチで進んでおり、交渉開始から1日足らずというスピードで両クラブはほぼ合意に達した。
 
 当初、バイエルンのオファー3000万ユーロ(約42億円)に対して、ユベントスは4500万ユーロ(約63億円)を要求していたが、両者が歩み寄った結果、ボーナス込み4000万ユーロ(約56億円)という金額で折り合った模様。
 
 15日夜11時(現地時間)の時点ですでに、ビダルの代理人がミュンヘンを訪れて条件面の交渉を進めており、これがまとまり次第移籍が決定する見通しだ。
 
 ビダルはユベントスで4シーズンを過ごした後、ふたたびブンデスリーガに戻ってプレーすることになる。
 
 ユベントスはその一方ですでに後釜探しに動き出している。ターゲットのひとりがシャルケの攻撃的MFユリアン・ドラクスラー。
 
 シャルケは違約金を4500万ユーロに設定しているが、故障で昨シーズンの大半を棒に振ったこともあり、市場での評価額は下がっており、交渉次第では2000万ユーロ(約28億円)以下での獲得も可能と見られている。すでにクラブ間のコンタクトはスタートしており、今後の展開が注目される。
 
 さらにユベントスは、サイドアタックの戦術オプションをもたらす攻撃力の高いサイドバック/ウイングバックの獲得も構想している。
 
 有力候補はファン・ギジェルモ・クアドラード(チェルシー)とアレックス・サンドロ(ポルト)。
 
 A・サンドロについては、残り契約期間があと1年ながらポルトが2500万ユーロ(約35億円)という高い値札を設定している。その背景にあるのは、来夏にはマンチェスター・シティが移籍金ゼロで獲得することが確実視されているという事情。ポルトがそれを利用して強気に出ている状況だ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ