久保や堂安だけじゃなかった…東京五輪銀メダルのスペイン、フィードプレーヤ―19人中15人が故障の衝撃

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月03日

ペドリの出場はわずか4試合

ペドリ(左端)をはじめスペインの東京五輪代表の面々は故障に苦しんでいる。(C)Getty Images

画像を見る

 やはり、過酷なスケジュールの影響が出ているようだ。

 スペイン紙『MARCA』は12月2日、今夏の東京オリンピックに出場したU-24スペイン代表のメンバー22人のうち、すでに15人が今シーズンに故障をしていると報じた。

 東京五輪で銀メダルを獲得したスペインは、全6試合を戦った。グループステージから厳しい戦いが続いたうえ、準決勝の日本戦(1‐0)、決勝のブラジル戦(1‐2)はいずれも延長戦に持ち込まれる死闘となった。

 とりわけEURO2020に出場し、ほとんど休むことなく五輪に合流した6選手は、心身ともにかなりの消耗をしたはずだ。象徴的なのは、EUROでも主力を担ったバルセロナのMF
ペドリで、新シーズンはまだ公式戦4試合にしか出場しておらず、現在も離脱中だ。

【動画】一度見ただけでは理解不能!堂安の衝撃アシスト
 記事によれば、“故障者リスト”に入らなかった7人のうち3人はGKで、フィールドプレーヤーで“無傷”なのは、ラファ・ミル(セビージャ)、パウ・トーレス(ビジャレアル)、マルク・ククレジャ(ブライトン)、ヘスス・バジェホ(レアル・マドリー)だけだという。

 もちろん、こうした状況はスペインに限ったことでない。日本も五輪で全試合に先発した久保建英(マジョルカ)が、右膝の故障でキャリア初となる長期離脱(2か月)を強いられ、その20歳とともに攻撃をリードした堂安律(PSV)も、1か月ほどチームを離れた。

 また、オーバーエイジ枠で出場した吉田麻也、遠藤航、酒井宏樹の3人も、その後のワールドカップ・アジア最終予選の過酷さも相まって、コンディションの調整に苦しんでいる。

 ここまで怪我はしていなくても、休めなかった影響がどこで出てくるかは分からない。もちろん、故障のすべてが疲労によるものではないとはいえ、五輪出場組にとっては、やはり厳しいシーズンになっていると言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】華麗なドリブルから強烈なシュート!堂安が決めた衝撃のミドル弾

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「もっと出ていれば日本は上に行けた」内田篤人が起用法を悔やんだ五輪代表戦士は?「見ていて悔しかった」
「完全に負けている」躍動する三笘薫がベルギーで直面した課題。練習初日から監督にチェックされた“能力”とは?「できない奴と思われないように…」
「見た瞬間、すごい選手になると…」高3の城彰二が衝撃を受けた、超高校級の“怪物1年生”とは?「速くて、シュートが抜群に上手かった」
「攻守でとても頼りになる」PSVで存在感を高める堂安律を指揮官が絶賛!「引き留められてとても嬉しい」
「タケにはチーム内で苦情がある」久保建英と36歳主将の“知られざる関係”を番記者が明かす!「降格したら出て行って…」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ