【J1採点&寸評】新潟×鹿島|悪夢の3分間。ロスタイムに2失点し、新潟がまさかの逆転負け

カテゴリ:Jリーグ

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年07月12日

内容では圧倒するも、決定機を逃して……。

【警告】新潟=L・シルバ(19分) 鹿島=なし
【退場】新潟=なし 鹿島=なし
【MAN OF THE MATCH】金崎夢生(鹿島)

画像を見る

【試合内容】
 新潟が最後の最後で逆転を許した。2-1でリードしていた90+4分。土居に同点弾を奪われ、その2分後に遠藤に決勝点をねじ込まれた。
 
 試合は、ほぼ90分間に渡って新潟ペースで推移した。立ち上がりから新潟の連動したプレスがハマり、中盤でボールを奪っては素早いカウンターにつなげた。31分に先制点を奪われた後も、すぐさま指宿のゴールで同点に追いつき、さらに42分にはカウンターでゴール前に走り込んだ小泉の一撃で逆転に成功する。
 
 しかし、試合を決める3点目が奪えなかった。後半もカウンターを軸にチャンスを作ったが、55分に山本、59分には加藤が決定機で枠を外した。
 
 そして、迎えたアディショナルタイムの90+4分。単調なロングボールを跳ね返せずに金崎にシュートを打たれ、ポストの跳ね返りに詰められて失点。さらに、90+6分には、またも金崎に突破を許して、最後は遠藤の左足で止めを刺された。
 
 内容で圧倒しただけに、新潟にとっては痛恨の黒星となった。

【J1 PHOTOハイライト】2ndステージ・1節

【J1採点&寸評】全9試合の選手採点&寸評をチェック!
 
【チーム採点・寸評】
新潟 6
局面の競り合いで常に先手を取り、こぼれ球も拾って90分間に渡って圧倒していた。しかし、決定機を決めきれず。最後の最後で水がこぼれた。
 
鹿島 5.5
新潟のプレッシャーに押され、内容的には見るものなし。ただ、ロングボールを執拗に放り込み、ラスト3分間で逆転した執念は次節以降につながる。
 
【新潟|採点・寸評】
GK
21 守田達弥 5.5
ロスタイムの2失点は、いずれもGKにとっては厳しいもの。CKからのクロスに飛び出しながら、ボールに触れなかった前半の失点が痛かった。
 
DF
24 川口尚紀 6
ゴリゴリと身体を当てて押し込んでくる金崎にも怯まず、激しく寄せて対抗。逆サイドに流れた相手にもしぶとく付いて行き、守備面では及第点の仕事をした。
 
4 舞行龍ジェームズ 5.5
巧みなカバーでピンチの芽を摘み取る一方、無理につなごうとしてボールを奪われる場面も。プレーの判断には、まだ課題が残る。
 
3 大井健太郎 5.5
セットプレーで昌子に競り負け、先制点を奪われる。終盤は金崎やダヴィに身体を寄せてなんとかしのいでいたが、最後までは踏ん張れなかった。
 
7 コルテース 5
精力的なオーバーラップでパスコースを作っていたが、同点に追いつかれた後に急激に集中力がダウン。金崎に突破されて決勝点につなげられた。
 
MF
8 レオ・シルバ 6.5
セカンドボールを拾い、プレスバックもこなした。また、タメも作って攻撃でも貢献。中盤での存在感は圧倒的で、とても病み上がりとは思えなかった。
 
25 小泉 慶 6.5
ピッチを所狭しと走り周り、ボール保持者にプレッシャーをかけた。猛然とゴール前に走り込、カウンターで決めた2点目も見事だった。
 
13 加藤 大 5.5
スペースに侵入してボールを受ける技術はさすが。ただ、スタミナが切れて来るとパスの精度が目に見えて落ちた。59分の決定機も決めたかった。
 
23 山本康裕 5.5
CKで好クロスを供給し、精力的にアップダウンして守備でも奮闘。それだけに、55分に迎えたフリーの決定機を外したのが痛すぎた。
 
FW
11 指宿洋史 6.5
加藤の落としをダイレクトで叩き込んだミドルは圧巻。昌子や植田のマークをものともせず、身体を張ったポストプレーで起点になった。
 
9 山崎亮平 5.5
前線からのプレスやタメを作るキープは効いていたが、指宿との距離感がやや遠く、ゴール前のチャンスに顔を出せなかった印象も。
 
交代出場
MF
18 成岡 翔 5
決定的な3点目を狙ってエリア内に飛び込むも、クロスがあと一歩合わず。ジョーカーとしての役割を果たせなかった。局面の競り合いでも後手を踏んでいた。
 
DF
5 前野貴徳 -
精力的にプレスをかけ、カウンターの場面ではゴール前にも顔を出した。とはいえ、チャンスを決めきれず。パスミスも散見された。
 
FW
19 鈴木武蔵 -
前線からのプレスとスピードを活かしたカウンターを期待されてロスタイムにピッチに登場。しかし、目立った仕事はなく、出場後にチームは2失点した。
 
監督
柳下正明 5.5
カウンターで脅威を与えられる山崎を下げた采配には、少し疑問が残る。ただ、試合内容は評価できる。今後もこれを継続したい。

胆のうの摘出手術で離脱していたL・シルバは、病み上がりとは思えないパフォーマンスで中盤を制圧した。チームとしての結果は出なかったものの、この中盤の要の復帰は大きなプラス材料だ。 (C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

【関連記事】
【J1採点&寸評】2ndステージ・1節|全9カードの出場選手&監督を現地取材記者が評価
2015 J1 2ndステージ日程【1節~6節】
【第2ステージ展望】新潟編|17位に沈むも補強の噂はなく、現有戦力の化学反応が浮上の鍵
【第2ステージ展望】鹿島編|ダヴィの復帰で巻き返しへ!
【セルジオ越後の天国と地獄】強化には環境の整備が不可欠。協会は、なでしこの活躍に報いる仕事をすべきだ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ