「クレイジーだ」年内絶望のネイマール、涙の負傷直後にナイトパーティーへ参加して批判殺到!「これがバロンドールを獲れない理由だ」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年11月30日

軽率な行動にファンは呆れ顔

負傷中のネイマールは、来年2月のCL決勝トーナメント1回戦には間に合う見込み。(C) Getty Images

画像を見る

 パリ・サンジェルマンは11月29日、リーグ・アン第15節のサンテティエンヌ戦で左足首の靭帯を損傷したネイマールが、6~8週間ほど戦線を離脱すると発表した。

 ネイマールはパリSGが1点リードで迎えた84分、イバン・マソンのタックルを受け、左の足首がほぼ90度にぐにゃりと曲がる怪我を負い、涙を流しながら担架に乗せられて退場。松葉杖姿で会場を後にしていた。

 年内での復帰は絶望となるなか、クラブは3日以内にさらに詳しく怪我の進捗状況を報告すると伝えている。その矢先に、信じられないニュースが飛び込んできた。

【画像】ギプス姿でパーティーに参加したネイマール

 現地時間11月29日、スペイン紙『Mundo Deportivo』が、ネイマールは負傷後にブラジル人アーティストのジョタペと、水たばこやポーカーが用意されたオールナイトのパーティーに参加したと報じたのだ。

 29日の午前6時半ごろ、ジョタペが友人と左足にギプスをはめたネイマールの姿を自身のインスタグラムに投稿したため発覚。すぐさまSNS上で拡散され、次のような批判が相次いだ。

「これがバロンドールを獲れない理由だ」
「パリSGは彼を落ち着かせろ」
「これは典型的なネイマールの行動」
「挑発的すぎる」
「クレイジーだ」
「彼はこのまま怪我で一生を終える気なんだな」
「パーティーに行く時はいつも怪我してるな」

「僕はもっといい状態で、強くなって戻ってくる」と自身のインスタグラムに綴ったネイマールだったが、負傷直後の行動としては軽率だったと言わざるを得ない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【関連記事】
ネイマールが号泣、敵のタックルで左足がぐにゃり…松葉杖姿に世界震撼「足首が90度曲がった」「深刻な怪我の可能性」
「特に感謝したいのは…」メッシが7度目のバロンドール受賞に喜び!夢破れたレバンドフスキを気遣い、主催者に“異例の要求”も!
「涙が出た」「彼もパリに呼ぼう」メッシが親友スアレスから7個目のバロンドールを受け取るシーンが大反響! 1万件超のコメントが殺到
「嘘つきだ」C・ロナウドがメッシのバロンドール受賞直前に怒りの声明! 主催責任者を痛烈批判「宣伝のために利用された」
14歳のエムバぺ弟がU-16仏代表のメンバー入り! 現在はパリSGの下部組織でプレー、今後兄と共闘なるか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ