「日本の“宝石”」中島翔哉の活躍ぶりを現地メディア記者が絶賛!「背番号10らしいプレー。見ていて楽しい」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月20日

トップ下で先発し、2アシストを記録

チームのベスト16進出に貢献した中島。復帰後初アシストをマークした。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月19日、ポルトガルのリーグカップ「タッサ・デ・ポルトガル」の4回戦が行なわれ、ポルティモネンセが2部ペナティエルと対戦し、3-0で勝利を収めた。

 この試合でトップ下で先発し、2アシストを記録したのがMF中島翔哉だ。現地メディア『MAIS FUTEBOL』のアンドレ・クルツ記者は、「ポルティモネンセは『戦術ナカジマ』を展開し、前半だけで勝利を確かなものにした」と絶賛している。

「ハーフタイムの時点で、パウロ・セルジオのチームは3点を先取し、試合を決めていた。ナカジマは2つのアシストを記録し、先制点と3点目を導き出した。ペナティエルはポルティモネンセと素直に相対した。白黒チームを正確なクロスで苦しめる場面もあったが、奏功しなかった。

 セルジオ監督や、中島を中盤に配置する人間は、試合の流れがいつでも変えられることを知っている。そしてそれは事実として起こった。この日本人は最初の数分で『気品のある雰囲気』を醸し出しており、26分にその瞬間は訪れた」
【画像】ともに先発した中島翔哉&中村航輔の試合中の様子をチェック! 
 クルツ記者は「日本の“宝石”ナカジマは、彼のシャツナンバーである10番らしいプレーで中央に飛び出し、ドリブルで相手をひきつけ、すべてを簡単にした」と先制点の場面を振り返っている。

「彼が右サイドにはたくと、味方は躊躇することなくシュートを放った。ナカジマ、ゼ・ヴァレンテ、ヴェリス・バスを中心とした試合は、見ていて楽しいものばかりだ。後半にヴェリスとナカジマがピッチを去ってからは、チームは前半のリズムを失い、11月の寒さが文字通り身に沁みた」

 負傷のために昨シーズン後半を棒に振った27歳のアタッカーは、実戦に復帰してからはゴール、アシストをマークし、徐々に調子を上げている。その存在感は、現地メディアの記者の目にも印象的に映ったようだ。

 勝利したポルティモネンセは同リーグカップのベスト16に進出。同試合では中村航輔も移籍後初の公式戦出場を叶え、クリーンシートに貢献した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】見事なトラップでDFをかわして右足一閃!中島翔哉の2年ぶり復活ゴールをチェック
【関連記事】
「我々を助けてくれる」復帰した中島翔哉の活躍ぶりを、ポルティモネンセ指揮官が高評価!
「ピッチ上で最高の選手だった」約2年ぶり復活弾の中島翔哉を現地メディアが激賞! 次々にチャンスを構築、MOMにも選出
「ナカジマは長い試練を乗り越えた」中島翔哉の“復活”に現地注目! 指揮官も高評価「良い瞬間だった」
「シーズン当初とは明らかに違う」クロップ、冨安がデビュー以降無敗のアーセナルを警戒!26戦ぶり黒星から仕切り直しへ
「結局パスが出てこねぇじゃん」城彰二が“活かされていない”と感じる日本代表戦士は?「あれだけ動いているのに…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ