「マンUがロナウドを外すのと同じ」古橋亨梧の“温存理由”を語った指揮官をセルティックのレジェンドが糾弾!「キョウゴのベンチは意味がない」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月05日

「2月や3月ではないんだ」

古橋の起用法が物議を醸している。(C)Getty Images

画像を見る

 10月30日に開催されたスコットランド・リーグ第12節で、セルティックはリビングストンと対戦し、スコアレスドローに終った。

 この試合で、公式戦15戦10発の古橋亨梧を先発させなかったことで、アンジェ・ポステコグルー監督に少なくない批判の声が寄せられている。

 そんななか、11月3日に行なわれた記者会見で、オーストラリア人指揮官が古橋について言及した。『footballscotland』が伝えている。

「シーズンの4分の3を終えて、日本を離れたキョウゴには、細心の注意を払う必要がある。彼は日本代表の試合で、すでに怪我をしている。皆が、いつも彼がプレーするのを望んでいて、出場するたびに素晴らしいプレーをしているのは分かっているが、注意が必要だ。まだ11月が始まったばかりで、(来年の)4月や5月まで、すべてのゲームに出てトップレベルでプレーするのは難しい」

【画像】「認識できない」「エミネムか」現地で話題となっている古橋のニューヘアスタイル
 この発言に嚙みついたのが、セルティックのレジェンドであるデイビー・プロバン氏だ。英紙『The SUN』のスコットランド版によると、『The Go Radio Football Show』で「ペナルティエリアの中には、ストライカーが欲しい。キョウゴがベンチにいるのは意味がない」と糾弾したという。

 さらに、稀代の名将の言葉を引き合いに、こう続けている。

「数週間前、(マンチェスター・ユナイテッドの)オレ・グンナー・スールシャール監督がクリスチアーノ・ロナウドを先発から外した後、アレックス・ファーガソンが『最高の選手はいつもプレーさせるべき』と言ったのを思い出す」

 そして、「まだフルハシはフレッシュな段階だ。2月や3月ではないんだ」と続けている。

 様々な意見が飛び交うなか、ポステコグルー監督の今後の起用法に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「オーバーリアクション」と英国人記者が糾弾! 小競り合いで頭を叩かれて倒れる古橋

【動画】最高のお膳立てを冷静に流し込む!古橋の今シーズン公式戦10点目
 
【関連記事】
「フルハシの反応は恥ずかしい!」頭を叩かれて倒れた古橋亨梧のリアクションを英国人記者が辛辣批判!「スコットランドではしばらく見たことがない」
「これは誰だ?」セルティック古橋亨梧のニューヘアスタイルが英国で大反響!「エミネムか」
「中村がいた頃のようだ」古橋亨梧に“染まった”東京駅の様子が英国で反響!「信じられないかもしれないが…」
「交渉を開始している」古橋所属のセルティック、川崎MF旗手怜央の獲得に本腰と現地報道! 優勝決定時には涙…「中盤の選択肢として見ている」
【セルジオ越後】なぜ三笘や古橋を招集したのか? 彼らを先発起用しなければ呼んだ意味がない!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ