【ACL争い】上位3チームに変動なし。鹿島が広島に完勝を収め5位浮上。3位神戸から6位浦和まで勝点差は「5」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月03日

4位名古屋は勝点3差で3位神戸を猛追

鹿島がA・カイキ(写真)の2発などで広島に4-1完勝。勝点59とし5位に浮上した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 11月3日にJリーグはJ1第34節の10試合を各地で開催。川崎フロンターレの連覇&4度目のリーグ優勝が決まった一方で、来季のACL出場権を争うバトルはどうなったか。

 今節の結果を受け、上位3チームの順位に変動はなし。勝点85でスタンディングのトップに立つのは川崎。同72で2位の横浜F・マリノスはガンバ大阪に0-1で敗れるも、順位はそのまま。3位のヴィッセル神戸はホームでベガルタ仙台と対戦し、4-2で勝利。勝点を64に伸ばし、ACL圏内をキープした。
 
 4位の名古屋グランパスは柏レイソルを2-0で下して勝点61とし、勝点3差で神戸を猛追。6位の鹿島アントラーズはサンフレッチェ広島に4-1の完勝を収め、勝点59で5位に浮上。川崎と1-1のドロー決着となった浦和レッズも勝点59としたが、得失点差で6位にランクダウンした。

 3位の神戸から6位の浦和まで、勝点差は「5」。残り4試合も熾烈なサバイバルが続きそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【サポーターPHOTO】2連覇を達成!選手たちを支えた、川崎フロンターレサポーター!

【PHOTO】川崎フロンターレが圧倒的な強さで2度目のリーグ連覇達成! 歴史に名を刻んだV戦士を一挙に紹介!
 
【関連記事】
【セルジオ越後】フロンターレの優勝は文句なし!MVPを挙げるなら…
「優勝でほっとした思いもあるのかな」登里享平が明かした旗手怜央の涙
【J1】川崎が優勝を確定! FC東京は大量4発で5試合ぶりの勝利、神戸は仙台との打ち合いを制し4戦負けなし
鬼木達監督が金字塔のJ指揮官最多4度目のリーグ優勝も「もうひとつタイトルがあるよと言いたい」
「三笘と碧のユニとか泣ける」連覇達成の川崎優勝セレモニーにファン感動!「ほんと素敵なクラブ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ