「後頭部を叩かれたのに顔を…」暴力を受けた古橋亨梧のジェスチャーに元プレミア戦士が苦言!「恥ずべき倒れ方だ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月02日

敵DFのレッドカードとPKを誘発

リビングストン戦では約3か月ぶりのベンチスタートとなった古橋。(C)Getty Images

画像を見る

 頭を叩かれた古橋亨梧の振る舞いが波紋を広げている。

 問題のシーンが起こったのは、現地10月30日に開催されたスコットランド・リーグ第12節のリビングストン戦。古橋が所属するセルティックが痛恨のスコアレスドローに終った一戦の、後半アディショナルタイムだった。

 敵ゴール前で混戦になった後、相手DFアヨ・オビリーに手で跳ね除けるような行為をした古橋は、その報復で後ろから頭を叩かれ、ピッチに倒れたのだ。オビリーにはレッドカードが提示され、セルティックにはPKが与えられた。

 この両者のいざこざには、オビリーの愚行に対しての批判はもちろん、古橋の倒れ方についても一部の記者やファンから「オーバーリアクション」との指摘があった。そんななか、サンダーランドやウォルバーハンプトンで活躍したスコットランド人MFアレックス・レイが見解を示した。スコットランドを拠点とする英国紙『Daily Record』が伝えている。
 
 セルティックの宿敵レンジャーズでもプレーした52歳は、「彼は、顔を抑えながら倒れ、その後で後頭部を殴られたことに気付いた」と指摘し、こう続けている。

「ボックス内での暴力、しかも頭を殴ったのだから、PKなのは間違いない。その点は問題ないが、彼の倒れ方は恥ずべきものだった」
【動画】元プレミア戦士が苦言! 小競り合いで頭を叩かれて倒れる古橋

 なお、セルティックはこのPKをギオルギス・ギアクマキスが失敗。2ポイントを逃す結果となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】最高のお膳立てを冷静に流し込む!古橋の今シーズン公式戦10点目

【画像】英国で反響!セルティックサポが投稿した古橋亨梧に“染まった”東京駅の様子
 
【関連記事】
「フルハシの反応は恥ずかしい!」頭を叩かれて倒れた古橋亨梧のリアクションを英国人記者が辛辣批判!「スコットランドではしばらく見たことがない」
「10年以上もアーセナルに欠けていた」冨安健洋が“天敵”を封じたワンプレーを英絶賛!「この試合で最も印象的」
「それ止めるのか、すげえ…」冨安健洋のピンチを防いだ“超絶ディフェンス”に絶賛の嵐!「カンナバーロみたい」
「中村がいた頃のようだ」古橋亨梧に“染まった”東京駅の様子が英国で反響!「信じられないかもしれないが…」
「あの人はやばかった」「センスの塊」城彰二がマリノス移籍時に驚かされた“天才MF”は? 中村俊輔ではなく…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ