「クロップのサッカーにぴったり」地元紙が今冬のリバプールのトップターゲットを紹介!南野拓実への影響は?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年11月01日

ペドロ・ゴンサウベスからは手を引くか

リバプールの地元紙が今冬の補強ターゲットの一番手に挙げたバーンズ。(C)Getty Images

画像を見る

 リバプールの地元紙『Liverpool Echo』が、現地時間10月31日付けで冬の籍市場のターゲットについて紹介している。

 現在公式戦無敗と好調を維持しているリバプールにとって、今後の最大の懸念材料といえるのが、来年1月に開催されるアフリカ・ネーションズリーグだろう。

 同大会には、現在絶好調のモハメド・サラー(エジプト代表)をはじめ、サディオ・マネ(セネガル代表)、ナビ・ケイタ(ギニア代表)と3人の主力選手の出場が確実視されている。

 大会に参加した場合はリーグ戦を最大4試合欠場することになるだけに、サラーとマネが抜けるウイングのポジションについては、かねてから今冬の補強が噂されている。
 

 同紙によれば、現在トップターゲットと考えられているのがレスターのハービー・バーンズだという。19-20シーズンからレスターの主力としてプレーし、昨シーズンはリバプール戦でもゴールを奪った23歳のイングランド代表だ。リバプールはここ数か月に渡ってこのイングランド代表ウインガーの動向を探っているという。

 とくにユルゲン・クロップ監督が非常に高く評価しているようで、同紙でも「リバプールとドイツ人監督が志向するスタイルにぴったりだ」と伝えている。

 そのほかにも、ウォルバーハンプトン所属で現在は膝の故障によって欠場中のペドロ・ネト(21歳)やレンヌ所属でベルギー代表のジェレミー・ドク(19歳)の獲得を狙っているようだが、バーンズより優先度は低いという。

 さらに以前から名前が挙がっているスポルティング所属のペドロ・ゴンサウベス(23歳)は、10月29日に所属クラブと26年までの契約延長にサイン。契約解除金が8000万ユーロ(約104億円)に引き上げられたことから、手を引くことが濃厚のようだ。

 いずれにしても、リバプールが今冬に前線の選手を獲得することになれば、日本代表の南野拓実にも大きな影響を及ぼすだけに、今後の動向に注目だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【関連記事】
「フルハシの反応は恥ずかしい!」頭を叩かれて倒れた古橋亨梧のリアクションを英国人記者が辛辣批判!「スコットランドではしばらく見たことがない」
「市場価値が上がったとしか見ていない」南野拓実、リーグ杯での活躍で逆に放出が加速と現地指摘! 「長期的な計画には入っていない」
「タキに問題はない。他の選手が優秀で…」クロップが南野拓実への苦渋の思いを明かす。「もっともっと良くなる」
「それ止めるのか、すげえ…」冨安健洋のピンチを防いだ“超絶ディフェンス”に絶賛の嵐!「カンナバーロみたい」
「オシャレすぎる」伊東純也の“超絶アウトサイド弾”にファン驚愕!「モドリッチみたいに強烈だな、すげぇ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ