【第2ステージ展望】鳥栖編|シンプルな攻撃に立ち返るのも一手

カテゴリ:Jリーグ

増山直樹(サッカーダイジェスト)

2015年07月03日

【第1S総括】持ち前の“粘り”が薄れている点が気掛かり。

これまで12ゴールを挙げる豊田以外に、MVP候補は見当たらない。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1第1ステージは浦和の無敗優勝で幕を閉じたが、前半戦の17試合を全18チームはいかに戦ったのか?
 
『サッカーダイジェスト』の各チーム担当記者が、6月27日で最終節を迎えた第1ステージを振り返り総括するとともに、第2ステージに向けた各チームの動きと見どころを解説する。
 
――◆――◆――
 
サガン鳥栖
第1S成績:11位 勝点:20 5勝5分8敗 22得点・32失点
 
ポイント1)第1ステージの出来を点数で表わすと?
 
30
 
 開幕前に安田が神戸へ移籍した以外は、ほぼ戦力をキープ。にもかかわらずふた桁順位にいるのだから、高く評価できるはずがない。
 
 就任1年目の森下監督が掲げる「縦に速い攻め」は必ずしもフィットしておらず、バージョンアップは進まず。サイドで時間が作れないためクロス数の低下を招き、むしろ戦い方の軸を見失っているようにも映る。実際、キム・ミヌや水沼から豊田へのアシストは目に見えて減っている。
 
 攻撃以上に気掛かりなのが守備陣だ。林や丹羽の怪我はあったが、それ以前に“粘り”が薄れてしまっている。成す術なく大量失点した浦和戦、仙台戦などはそれが顕著で、ここまでの総失点数32は、昨季の合計まで“あと1”にまで迫ってしまった。
 
ポイント2)第1ステージのチームMVPは?
 
豊田陽平
 
 12ゴールとひとり気を吐くエース以外に、候補は見当たらない。前述のとおり、クロスからのヘッドという得意パターンが減っているにもかかわらず、結果を残しているのは見事の一言。日本代表への復帰も時間の問題か。
 
ポイント3)第2ステージでの巻き返しや台頭が期待される選手は?
 
鎌田大地
 
 松本戦のプロ初出場・初ゴールでセンセーショナルなデビューを飾った高卒ルーキーは、J1全体で見ても特筆すべき有望株。17節で初めて先発したが、今後はプレー時間を大幅に伸ばすはずだ。持ち前の勝負根性とゴールへ向かうアイデアで、“違い”を見せてほしい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ