【J2】3位北九州と4位長崎の上位対決は痛み分け! 首位徳島も11試合ぶりの黒星で足踏み…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月17日

北九州はディサロの今季12得点目で先制するも…

北九州がディサロの得点で先制するも、土壇場に長崎に追いつかれドロー決着となった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2リーグは10月17日、各地で27節の5試合を開催。首位を走る徳島ヴォルティスが久々の敗戦を喫した。

J2リーグ 最新順位表(10月17日時点)

 ホームに前節6位のヴァンフォーレ甲府を迎えた徳島は前半、効果的なビルドアップで相手ゴールに迫ったものの、なかなか得点には至らず。すると77分、右サイドからのクロスを甲府のドゥドゥに合わせられ失点。終盤に猛攻を仕掛けるも最後まで1点が遠く、11試合ぶりの黒星に。一方、甲府は2連勝で暫定5位に浮上している。

 3位のギラヴァンツ北九州と、4位のV・ファーレン長崎の上位対決は、お互いに決め手を欠き、膠着状態が続く。78分に北九州が、ディサロ燦シルヴァーノの今季12点目で先手を取るも、長崎も89分にカイオ・セザールが土壇場で同点ゴール。昇格圏内2位を争う両者にとっては、手痛い痛み分けとなった。

 そのほか、東京ヴェルディと栃木SCの戦いは、お互いに決定機を決め切ることが出来ずスコアレスドロー。ジェフユナイテッド千葉のホームにFC町田ゼルビアが乗り込んだ一戦も、0-0で勝点1を分け合った。

 またこの日のラストゲーム、FC琉球対松本山雅FCの一戦は、65分に上里一将、87分にオウンゴールで得点を重ねた前者が、6試合ぶりの勝利。勝点を27に伸ばし、暫定18位に浮上している。
 
 J2・27節(1日目)の結果は以下の通り。

東京V 0-0 栃木
徳島 0-1 甲府
千葉 0-0 町田
北九州 1-1 長崎
琉球 2-0 松本

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J2第27節PHOTO】北九州1-1長崎|白熱の九州ダービー!3位北九州が先制も4位長崎が土壇場で追いつき痛み分け!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ