5億円以上の借金を抱えて…。元リバプール戦士が「イスタンブールの奇跡」の優勝メダルをネット販売

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月17日

“奇跡の証拠品”を次々とネットオークションへ

サッカー史に残る死闘となった2005年のCL決勝。そのピッチに立ったリバプール戦士が苦渋の決断を下した。 (C) Getty Images

画像を見る

 レッズ伝説の優勝メンバーが、苦難の末に一大決心を下した。

 現地時間10月16日、リバプールの地元紙『Liverpool Echo』は、元アイルランド代表DFのスティーブ・フィナンが、2005年にチャンピオンズ・リーグ(CL)を制した際の優勝メダルをインターネットオークションに出品したと報じた。

 それはまさに“奇跡”の証拠品である。かつてリバプールでプレーした右SBが出品したのは、04-05シーズンにイスタンブールで開催されたミランとのCLファイナル、3点を先行されながら後半に追いつき、PK戦の末に強敵を撃破した一戦の貴重なコレクションだ。

「イスタンブールの奇跡」と称され、サッカー史に残る死闘のコレクションだけに価値は高い。優勝メダルは1万5000ポンド(約210万円)と高額で取引され、先発出場していたフィナンが着用していたユニホームには、およそ2500ポンド(約35万円)の値が付いた。

 また、フィナンは2005年に開催されたリーグカップの準優勝メダルや着用していたユニホームも競売にかけている。
 
 智将ラファエル・ベニテスからの信望も厚かった名SBは、なぜ自らの現役時代の品々を売りに出したのか――。それにはのっぴきならない事情がある。

 リバプールのあらゆる情報を発信している『Liverpool Echo』によれば、フィナンが兄ショーンとともに携わっている不動産開発事業の経営が悪化。それによってロンドンで立ち上げた『Finnan Developments』が、現在400万ポンド(約5億6000万円)もの借金を抱えてしまっているため、ネットオークションを頼らざるを得なくなったという。

 過去の栄光の品を売りに出さなければいけないほどの困窮した状況にあるフィナン。労を惜しまないプレースタイルでファンからも愛された男のセカンドキャリアは、現役時代の輝きとはかけ離れたものになってしまっているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ