FC東京、シュート18本で枠内は久保建英の決勝弾のみ… 指揮官「枠に行かないな」と嘆く

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あそこは自分の得意なコース」

久保建英がルヴァンカップ史上最年少得点記録となるゴールでチームを勝利に導いた。写真:田中研治

画像を見る

[ルヴァン杯]FC東京 1-0 新潟/3月14日/味スタ

 FC東京が久保建英のルヴァンカップ史上最年少得点記録(16歳9か月10日)となるゴールで、今大会初勝利を飾った。76分、ドリブル突破から左足を振り抜いた久保のシュートがサイドネットに突き刺さり、これが決勝点となった。

 1-0での勝利は、FC東京にとって今季の公式戦初勝利であり、チーム期待の星が叩き出した決勝点によるものだけに、スタンドのサポーターも大いに盛り上がった。しかし、試合後のフラッシュインタビューを受けた長谷川健太監督は、あまり表情を崩さずに「とりあえずホッとしました」とひと言。喜びを露わにしなかったのは、その試合内容にあったのかもしれない。

 長谷川監督は、ゲームの感想を問われ、再び「シュートが枠に行かないなと思いました」とだけポツリ。シュート数では18本対5本とFC東京が圧倒したが、なんと枠内シュートの数は18本のうち、久保が決めた決勝点の1本のみだったのだ。

 後半途中に久保と永井謙佑を同時投入して勝負に出た場面を振り返っても、やはり「点が欲しかったんで…」とひと言。終始、相手ゴールに迫りながら、点が取れないここ数試合の出来と同様の展開に、長谷川監督の心中も察するに余りある。

 長谷川監督の後にインタビューに応えた久保は、「チームの力になれて非常に嬉しい。あそこは、自分の得意なコース。思い切って打てて良かった」とゴールを振り返った。さらに、長谷川監督の起用に見事に応えた久保は「今まで監督が自分に期待して使ってくれて、やっとその期待に応えられた」と、恩返しの実現を喜んだ。

【PHOTO】久保建英のトップチーム初ゴールでFC東京が今季公式戦初勝利!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24