ペップがプレミアリーグの過密日程を非難「アーティストであるべき選手が守られていない!」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G・ジェズスに続いてウォーカーも負傷。

主力の度重なる怪我を受け、シティのグアルディオラ監督は「選手が守られていない」とプレミアリーグの過密日程を批判した。(C)Getty Images

画像を見る

 ガブリエウ・ジェズスの負傷離脱に続き、現地時間1月2日のワトフォード戦(プレミアリーグ22節)では、カイル・ウォーカーも足を負傷。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、プレミアリーグの過密日程に苦言を呈している。

 リーグ連勝記録が18試合で止まった12月31日のクリスタル・パレス戦(21節/スコアは0-0)で負傷したG・ジェズスは、内側側副靭帯の損傷と判明した。英紙『The Guardian』によると、グアルディオラ監督はワトフォード戦後に「4~6週間の離脱。あるいは、それ以上になるかもしれない」と明かしている。

 さらに、ワトフォード戦ではウォーカーも右太ももを痛めた。グアルディオラ監督は「我々は彼らを殺してしまうよ。上層部が真剣に考えるべきだ。大晦日に試合をし、その2日後にも試合をするなんて普通じゃない」と、短期間に試合が詰め込まれていることを問題視した。

「ショーを続けなければいけないというのはわかっているが、このやり方は普通じゃない。もっとコントロールしなければ。ここイングランドでは、選手たちが守られていない。量よりも質を優先すべきだ」

 グアルディオラ監督は「ボクシングデー(の試合)を変えるべきと言っているんじゃない」と前置きしつつ、「バスケットボールやテニスじゃないんだ。選手たちは回復する必要がある」と続けた。

「筋肉の負傷がどれほどかを見るだけでもわかるだろう。(マンCには)選手たちをケアする人たちがたくさんいるが、スケジュールが選手たちを守っていない。伝統によってスケジュールは決まるものだと思ってはいるが、選手のことをもっと考えるべきだ。彼らはアーティストだよ」

 過密日程だからこそ、家庭の事情で昨年末に行なわれた4試合のうち3試合を欠場したダビド・シルバが、ワトフォード戦に出場できたのは大きい。グアルディオラ監督は、「彼が戻ってきてうれしいよ。我々にとっていかに重要かを見せてくれた」と喜びつつ、サッカーよりも大事なものがあると強調した。

「残るか離れるかは彼の自由だ。彼は残ることを望んでいる。楽しんでいるからね。でも、人生でもっとも大切なのは家族だ。我々が勝点をたくさん落とすことになったとしても、それは大切じゃない」

 マンチェスター・Cは6日にFAカップ3回戦、9日にリーグカップ準決勝第1レグ、14日にプレミアリーグ23節のリバプール戦と、今後も厳しい日程が続く。はたして、これ以上離脱者を増やすことなく、ハードスケジュールを乗り越えられるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24