柴崎岳をスペイン各紙が好評価「明らかな脅威」「氷を撃ち砕くような一発」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

63分に交代も、攻撃の突破口を開くなど存在感。

日本代表のサウジ戦から中2日。過酷な状況下にあって、柴崎は精力的に前線を駆け回った。(C)Getty Images

画像を見る

 ヘタフェの今シーズン初勝利に貢献した柴崎岳。スペインのメディアはおおむねそのパフォ―マンスに好評価をつけた。

 リーガ・エスパニョーラ3節のレガネス戦、1部では初となる南マドリード・ダービーで、柴崎は堂々の先発出場。攻撃時は4-2-3-1システムのトップ下に入り、敵ボールになると高い位置でのプレッシャーを試み、ホルヘ・モリーナとの2トップのような位置を取った。
 
 1-0のリードで迎えた63分に柴崎は交代。日本代表でのサウジアラビア戦から中2日と、長距離移動による疲れを考慮されたのだろう。その後ヘタフェはいったん追いつかれるが、83分にアルバロ・ヒメネスが勝ち越し弾を決め、3ポイントを掴んだ。
 
 スペイン・メディアの柴崎に対する評価は、『MARCA』紙が3段階評価(0から2)の「2」を付け、PKを阻止したGKビセンテ・グアイタや決勝点のヒメネスらとともに最高評価を得た。「今日も違いとなっていた」との寸評が添えられている。『AS』紙は3段階評価(1から3)の「2」と、及第点よりやや上の評価。こちらはグアイタとボランチのマウロ・アランバリが「3」となっている。
 
 15分に柴崎はバイタルエリアでボールをキープし、巧みなステップからミドルを放った。なかなか突破口を見いだせないヘタフェのチーム初シュート。この場面を切り取ったのが『AS』紙で、「氷を撃ち砕くような一発。その後の展開を考えれば、とても効果的なプレーだった」と称えた。
 
 メキシコ版の『ESPN』は「序盤から敵ディフェンスにとって明らかな脅威となっていたのが、フェイチャル・ファシルとガク・シバサキ」と記し、ラジオ局『Cadena Ser』のホームページでは、「アランバッリとマルケル・ベルガラの2ボランチが敵のパスワークを分断し、攻めてはガクが持ち前のスピードでレガネスのセンターバックを振り回した」と評した。
 
 これでヘタフェは1勝1分1敗。次節は本拠地にバルセロナを迎える。

【ハイライト動画】柴崎岳が先発出場!ヘタフェは今季初白星で次節バルセロナと激突|レガネス 1-2 ヘタフェ

欧州サッカークラブ選手名鑑の完全版!
『2017-2018ヨーロッパサッカー・トゥデイ』
定価:1204円+税/発売:2017年9月8日
インターネット販売はこちら

画像を見る

【関連記事】
「天才的な閃き!」「生涯一のゴラッソ」柴崎岳のバルサ戦スーパー弾をスペイン紙が絶賛!
「バルサvsジーコの10番を継いだ男」 大一番に臨む柴崎岳を地元メディアが特集!
「ガクの適応は完璧。ヘタフェに亡霊はやって来なかった」柴崎岳にスペイン全国紙が太鼓判!
「完璧なお膳立て」「ほぼイヌイのゴールだ」決勝アシストの乾貴士をスペイン各紙が称賛!
「空手キックが飛び出した!」武藤嘉紀の鮮烈ボレー弾を独メディアが激賞
「ハセベは唯一無二で代えが利かない」フランクフルト指揮官がその再離脱に頭を抱える

Facebookでコメント

201805261224_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24