金崎の2発で逆転勝利の鹿島が首位浮上! ポドルスキはチャンス演出も不発に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レアンドロの股抜きパスに抜け出し、GKをかわして決勝弾!

2ゴールを挙げ逆転勝利に貢献した金崎。エースの働きを見せた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ21節]神戸 1-2 鹿島/8月9日/ノエスタ

 鹿島がエースの2ゴールで逆転勝利を収め、リーグ首位に浮上した。

【神戸1‐2鹿島 PHOTO】神戸に先制されるも、金崎の2発で鹿島が逆転勝ち!

 試合は0-0で迎えた49分、神戸はポドルスキが持ち込み放ったシュートからCKを獲得。そして、このチャンスにDF渡部博文がヘディングシュートを叩き込み神戸が先制する。

 しかし鹿島は、この苦境にエースが躍動する。69分、交代出場の鈴木優磨が左サイドから仕掛けクロスを入れると、中央で受けた中村充孝が落とす。これを金崎夢生が右足ダイレクトで叩き込み、鹿島が同点に追いつく。

 さらに鹿島は86分、レアンドロの股抜きのパスに反応した金崎が最終ラインの裏に抜け出すと、最後はGKキム・スンギュもかわして、ゴールに流し込んだ。鹿島が逆転に成功する。

 鹿島はその後も安定した試合運びで神戸に付け入る隙を許さず、2-1のままタイムアップ。逆転勝利で神戸を下し、大岩剛監督就任後、9戦無敗(8勝1分け)とした。そして、前節まで首位を走っていたセレッソ大阪が清水エスパルスに敗れたため、鹿島がC大阪に代わって首位に浮上した。

 一方の神戸は、ポドルスキが厳しいマークに遭いながらも再三見せ場を作ったが、シュートがポストを叩くなど、不発に終わった。
【関連記事】
神戸相手に2発の金崎が意味深発言「どうしても勝たないといけない理由があった」
鹿島を支えるふたりのOBコーチ、柳沢敦と羽田憲司のいま。彼らの追求する指導者像とは?【前編】
【後編】鹿島を支えるふたりのOBコーチ、柳沢敦と羽田憲司のいま。彼らの追求する指導者像とは?
ヤットが金字塔! 通算101得点目を挙げ、J1リーグの“MF歴代最多”を更新!
【J1ベストイレブン】広島に新加入の強力助っ人をMVPに! 5試合連続ゴールのC大阪アタッカーも堂々の選出|20節

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24