【横浜】PKでも決まらないのか…今季初ゴールが遠い齋藤学の無念さと責任感

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2017年07月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の責任だし、迷惑をかけていると思う」

攻撃のキーマンとして躍動した齋藤だが、自身のゴールはまたしても決めることができなかった。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1第19節]横浜 2-2 清水/7月29日/日産スタジアム/24,881人
 
 試合終了後、ピッチから降りてきた齋藤学は、階段の下で両手を膝について、がっくりとうなだれていた。しばらくして立ち上がり、ロッカールームに戻ろうとするが、その足取りは重かった。
 
 前半終了間際、持ち前のドリブル突破で奪ったPKのチャンス。自らキッカーを務めたが、元チームメイトの六反勇治にストップされる。
 
 2-2で終わった清水との一戦、結果論だが、2-1で迎えたこのPKが決まっていれば、横浜が勝点3を収めていた。齋藤が責任感を覚えても不思議ではない。
 
 ミックスゾーンに姿を現わした横浜の背番号10は、一見するとサバサバとしていたが、その言葉からは無念さが滲み出ていた。
 
「自分の責任だし、迷惑をかけていると思う。勝てた試合だった。だからといって、立ち止まるわけにはいかない。逃げるのは簡単なので。もう一回、立ち向かっていきたい」
 
 中澤佑二は「学が責任を感じているみたいだけど、そんなことはない」と10番を慮る。カウンターから奪ったマルティノスの先制点も、左サイドを崩した天野純のチーム2点目も、齋藤が起点となっている。
 
 今季初ゴールはまたもやお預けとなったが、依然として確かな存在感を放っているのは事実。この日の悔しさは、必ず次の勝利の原動力となるはずだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24