恩師が語るバロテッリ、アドリアーノら「悪童」が飛躍できない真の理由

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロとして何を目指し、求めるかは、選手によって異なる――

乗った時には誰も止められないゴールマシーンへと変貌するが、些細なことで感情をコントロールできなくなり自滅する……。「それがバロテッリだから」で終わりにしてしまうには、あまりに惜しい才能である。 (C) Getty Images

画像を見る

かつては「皇帝」というニックネームまでつけられたアドリアーノ。彼もまた、精神的にデリケートであり、あらゆる事象がそのプレーや言動に悪影響を及ぼしてしまった。 (C)

画像を見る

 誰からも才能を認められながら、世界のトップの座を競うことなく消えていった選手は少なくない。元ブラジル代表のFWアドリアーノはそのひとりだ。現在ニースでプレーするFWマリオ・バロテッリも、このままでは同じ結果に終わるかもしれない。
 
 類まれなるタレントを誇る彼らは、なぜ伸びやんだのだろうか。アドリアーノとバロテッリを指導した経験を持つ元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリは、「そもそも本人たちが頂点に立つことを目標としていなかった」と分析している。
 
 インテルやマンチェスター・シティでタイトルを獲得したバロテッリは、プランデッリが率いたイタリア代表では主力だった。ドイツとの準決勝で2点を挙げたEURO2012での活躍は目覚ましく、鍛え上げられた上半身を披露したゴールパフォーマンスを記憶しているファンも少なくないだろう。
 
 だが、この大会を境にバロテッリのキャリアは下り坂に突入する。
 
 2大会連続グループステージ敗退という、イタリアにとって不本意な結果に終わった2014年のブラジル・ワールドカップでは、チームとの問題が騒がれ、「戦犯」として批判を浴びた。その後はクラブでも苦しみ、リバプールとミランでスランプに喘いだ。
 
 今シーズンから加わったニースで得点力をやや取り戻したが、キャリア序盤に人々が期待したほどの活躍を見せられていないことは否めない事実であろう。
 
 そのバロテッリについて、プランデッリはフランス『SFR Sport』のインタビューで、「人間的に素晴らしい男で、今でも愛情がある」と明かしつつ、次のように続けた。
 
「自分がワールドクラスの選手であることを示そうとバロテッリ本人が決意すれば、それは可能だと常に言ってきた。クオリティーに議論の余地はないからだ。おそらく、世界で五本の指に入る選手になることは、彼が人生において最も優先することではないのだろう」
 
 サッカー選手としての頂点を目指しているわけではない、ということだ。指導者として20年を超えるキャリアを誇るプランデッリは、「そういう選手はたくさんいる」と語る。その例として挙げたのが、パルマ時代に指導したアドリアーノだ。
 
 2005年のコンフェデレーションズカップで活躍し、2006年のドイツW杯でロナウド、ロナウジーニョ、カカとのカルテットが脚光を浴びたアドリアーノだが、数々の問題行動を起こしてサッカー界の最前線から姿を消していったのは周知の通りだ。
 
 プランデッリは、アドリアーノについて「世界レベルの選手だったが、おそらくは世界最強の選手になることを望んでいなかった。彼の目標はおそらく、良いキャリアを築いて少し金を稼ぎ、家族をファベーラ(スラム)から抜け出させることだったんだ」と見ている。
 
 続けて、「彼は人として自分がやったことを誇りに思うべき」と、アドリアーノの考えを尊重すべきでもあるとも主張した。
 
 バロテッリやアドリアーノは「悪童」と呼ばれる一方で、憎めないキャラクターとして扱われることも少なくない。それは、彼らがどこかで純粋な心を持ち続けているように見えることも一因だろう。
 
 徹底的に頂点を目指すことよりも、彼らはただ、サッカーを楽しみたいだけなのかもしれない。

【関連記事】
【イタリア代表】セリエBの19歳GKを初招集し、独自のポジション区分も。指揮官の狙いとは?
「インテルの中国人は真面目だが、ミランは無様な姿」ドンナルンマ代理人が不信感を強める…
途中交代にまたも悪態のC・ロナウド、その瞬間をテレビカメラに映し出される
柴崎岳がついにテネリフェ・デビュー! 指揮官や現地メディアの評価は?
DFながら「二桁ゴール」のS・ラモス、もはやバロンドール受賞も夢ではない⁉
「カバーニは怪物じゃない」、「チームプレーがない」バロテッリがライバルを酷評

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月24日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の変化度チェック
    吉田麻也・独占インタビューに
    クラブダイジェストは鹿島!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.490
    8月17日発売
    ネイマール移籍の衝撃!!
    メガディールの舞台裏に迫る
    夏の「中間査定」「ラスト戦略」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月8日発売
    どこよりも早い決定版!
    2017-2018ヨーロッパサッカー
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月8日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 完結編 詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24