「カバーニは怪物じゃない」、「チームプレーがない」バロテッリがライバルを酷評

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月16日

サッカー界きっての悪童は何を思ってライバルをこき下ろしたのか?

リーグ・アンで二桁得点をマークし、ここ数シーズンの不振からは脱した印象もあるバロテッリ。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 今シーズンのリーグ・アンで10得点を挙げているニースに所属するFWマリオ・バロテッリが、27点を決めて同リーグの得点ランクで首位に立つエディンソン・カバーニをゴール数で上回るのは難しいだろう。

 だが、イタリアの悪童は、カバーニが「怪物」ではないと断じている。そして、カバーニが所属し、ニースがタイトルを競っているパリ・サンジェルマンのサッカーのことも、あまり評価していないようだ。
 
 リーグ・アンは第29節を終え、勝点68のモナコが首位に立ち、勝点3差で2位パリSG、同5差で3位ニースが追っている。1試合未消化の4位リヨンはニースに勝点13差とかなり遠ざかっており、タイトルの行方は事実上三つ巴の争いになったと言えるだろう。
 
 そんなライバルたちに、バロテッリはフランス・ラジオ局『RMC』のインタビューで辛辣なコメントを突きつけたのだ。
 
 4連覇中の絶対王者であるパリSGについては、「優れた選手たちがいるのは事実だが、彼らはチームとしてプレーしていない」と言い放っている。
 
「パリSGが良くないと言っているんじゃない。彼らは俺らやモナコと一緒に上位にいる。でも、ズラタン(イブラヒモビッチ)がいたときからそうだった。彼らはチームとしてプレーしていない。どこが相手でも勝てるが、どこが相手でも負けることもあるんだ」
 
 また、首位に立つモナコについても、バロテッリは「とても強い選手たちがたくさんいる。でも俺は、彼らが怪物だと思わない」と厳しい一言。例えば10番のベルナルド・シウバが、「非常に強い選手」だと認めながら、「俺にとって怪物は(ラダメル)ファルカオと(アンヘル)ディ・マリアだ」と続けた。
 
 さらに、バロテッリは得点王候補のカバーニについても、ゴール数で差をつけられていることを認めつつ、「彼は強い選手だ。だけど、怪物じゃない」と切り捨てている。
 
 今さらのようにバロテッリがライバルたちをこき下ろしたのは、ニースへの想いがあってのことかもしれない。イタリアのみならずサッカー界きっての悪童は、「本当にここではうまくやっている」、「すごく幸せ」と述べ、過去2シーズンに渡ってスランプに喘いでいた自身を受け入れてくれたニースへの満足感を表した。
 
 バロテッリとニースとの契約は今シーズン末までで、満了後の去就は未定だが、バロテッリはニースが欧州の強豪になることを望んでいるとし、「その場合は生涯契約を結ぶ」と明かしている。
【関連記事】
「クラブで控えの選手は代表入りの資格なし」モロッコ代表主将の心意気に本田と長友は何を思う?
「ペテン師」、「上手い演技」頭突きを見舞ったナスリがヴァーディーを非難!
大混戦のプレミアとリーガの終盤戦を大展望! 注目試合は?
【日本代表】本田圭佑の選出に疑問、ハリルは「必要な存在」と強調するが…
チチャリートが驚きのスキンヘッド姿に! なんの「罰ゲーム」か?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ