高体連の新卒を続々と獲得! ガンバ大阪の強化イズムになにが起こった?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月28日

「最後は“気持ち”だった」(遠藤保仁)

鹿児島実高出身の遠藤は、高校時代の厳しかった練習の積み重ねが今の自分の心を育てたと語る。写真:川本 学

画像を見る

 かつて元日本代表MFで、、鹿児島実卒の遠藤保仁はこう話した。
「(高校時代は)限界を超えるトレーニングが圧倒的に多かった。これ以上やれば倒れるという状態でも、あと3本いけるとかね。最後は“気持ち”だったんでね。それを乗り越えたからこそ多少の苦しさや痛みは“全然いけるんじゃないか”と思うような心にはなりましたね」
 
 サッカー界のヒエラルキーを取り出してみれば、アンダー世代ではJ下部組織が頂点に君臨しているのは間違いない。ユースに入れなかった選手は他の道を選択する。だがG大阪ユースに昇格できず星稜(石川)進学を選んだMF本田圭佑(パチューカ)のように、挫折をバネに変えて大成する選手もごまんといる。
 
 J下部組織育ちの強みがあるように、高体連には高体連の強みがある。朝比奈が敢えて外部の血を導入してきた背景には、両者の血を交えることでG大阪をさらに強いクラブに成長させるためだ。
 
 今季を最後にスカウト業から外れる朝比奈は声を大にしていう。「もっと戦える集団にしたい。ガンバはもっとやれるはずですよ」

取材・文●飯間健
 
【関連記事】
【G大阪】ガンバ最強助っ人はいったい誰? 遠藤保仁の回答が超意外だった
Jリーガーから年商219億円のベンチャー社長に! 元ガンバMFはいかにして成功を掴んだのか
【黄金世代】第2回・遠藤保仁「152キャップの格別~すべては日の丸が教えてくれた」(♯4)
G大阪の5選手が選んだ2017シーズンの「ベストプレーヤー」は?
【G大阪】伝説トリオが伝承する「ガンバイズム」ってなんだろう!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ