• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1前半戦ベスト11 Vol.1】三笘薫は魅せる選手として今や別格! 同じく充実の境地にあるのは…

【J1前半戦ベスト11 Vol.1】三笘薫は魅せる選手として今や別格! 同じく充実の境地にあるのは…

カテゴリ:Jリーグ

加部 究

2021年06月21日

MVPは当然川崎からの選択になるが…

攻守両面での活躍が際立ったレアンドロ・ダミアン。前半戦はMVPに値するパフォーマンスを見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ボランチが鉄板のふたりですんなり決まったのに対し、大激戦だったのが2列目だった。三笘薫はさすがに1年目のインパクトがあまりに大きく期待値が高まり過ぎた感もあるが、それでも決定的な仕事の頻度では群を抜く。自陣でボールを持つだけでドリブル突破の予感でスタンドがざわつくほどで、魅せる選手としても今や別格だ。だが同じく充実の境地に達している古橋亨梧のハイレベルなパフォーマンスも勝るとも劣らなかった。他にも名古屋の攻撃に得意のドリブルでアクセントをつけたマテウスや相馬勇紀、若手では質量を伴うパフォーマンスで大きな貢献を続けた荒木遼太郎や樋口雄太らも特筆に値した。
 
 そういう意味ではMFにもうひとりを加える選択もあったが、横浜のふたりのFWの活躍ぶりがインパクトで上回った。圧倒的なスプリントで攻守に貢献した前田大然と、チーム最多得点のオナイウ阿道だ。ただしFWのナンバーワンは文句なしにレアンドロ・ダミアンなので、2トップのパートナーとして特性の異なる前田を選んだ。

 そしてMVPは当然川崎からの選択になるが、最前線でスライディングを繰り返し喝を入れるムードメーカーとしての役割も含めて、何もないところからも個の力でゴールを生み出したダミアンが、田中とジェジエウを抑えた。

文●加部 究(スポーツライター)
 
【関連記事】
「落ち着きがやばい!」「天才かよ」三笘薫の冷静なフィニッシュに反響! 華麗なタッチでDFをかわす!
「格が違いすぎる」37歳イニエスタ健在、J再開初戦で極上のパフォーマンス披露! 8か月ぶりのリーグ戦弾も
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「おしゃれすぎる」「神ループ」上田綺世の鮮烈フィニッシュに脚光!「三笘、絶妙スルーパス」
「超絶変態プレー」名古屋・柿谷曜一朗の“オシャレ”なヒールに反響続々!「ただのジーニアス」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ