「最も不満だったのは…」久保建英を追い続けたビジャレアル番記者が“5か月間”を査定!100点満点で評価すると――【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ハビエル・マタ

2021年01月16日

タケが享受できなかったエメリ監督の信頼を得た新鋭の存在が…

エメリ監督(左)の中で久保の序列は下がっていった。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 そんなタケの比較対象となったのが、下部組織上がりの新鋭ジェレミ・ピノだった。タケに比べて出場機会が少ないにもかかわらず、瞬く間に3得点・1アシストを記録。完全にお株を奪われる形となり、タケが享受できなかったエメリ監督の信頼を早々に得たのだった。

 右サイドは不動のエースのジェラール・モレーノが君臨し、左サイドはモイ・ゴメスがレギュラーに定着し、ジェレミ・ピノが2番手に控えるという序列が出来上がった。さらにサミュエル・チュクウェゼも控えており、タケが試合に出場する難易度は上がっていった。

 ビジャレアルに残っていたとしても、険しい道が待ち受けていたのは間違いない。前半戦より限られた出場機会の中で、居場所を見出していく以外に道はなかったのだから。

文●ハビエル・マタ(アス紙ビジャレアル番)
翻訳●下村正幸

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ