日本を知る智将が指導する精鋭に成長!メッシ世代以来の金メダル獲得へ――【東京五輪の注目国|アルゼンチン】

カテゴリ:ワールド

チヅル・デ・ガルシア

2021年01月02日

最も注目されるA代表経験者たち

北京五輪を制して金メダルを手にはにかむメッシ(左)とアグエロ(右)。アルゼンチン国民を熱狂させた戴冠劇を東京で見られるだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 F・バティスタ監督が選んだ50人の中で、最も注目されるのは、すでにA代表でもプレーしている選手たちだろう。ファン・フォイ(ビジャレアル)、ニコラス・ドミンゲス(ボローニャ)、ゴンサロ・モンティエル(リーベルプレート)、エセキエル・パラシオス(レバークーゼン)、ニコラス・ゴンサレス(シュトゥットガルト)、ラウタロ・マルティネス(インテル)は、カタールW杯の南米予選を戦うA代表にとっても重要な存在だ。

 いずれもプレオリンピコには出場できなかったが、F・バティスタとしては、たとえ一部でも東京五輪の本番に連れて行きたいところだ。特にA代表でも脚光を浴びているパラシオスとゴンサレスは、攻撃のオプションを広げるために有効な存在となるだろう。

 昨年11月のW杯南米予選で腰椎骨折の重傷を負ったパラシオスは、12月半ばからAFAのトレーニング施設でリハビリを開始している。もちろん、回復直後にレバークーゼンが五輪代表への貸し出しを許可するかどうかは定かではないが、出場が可能になれば、攻撃面で大きな違いを生み出せる。
 

 ゴンサレスは、FWが本職でありながら、11月のW杯南米予選ではSBとしてプレーし、相手の意表を突く、攻撃参加から得点をマークする活躍を見せた。アルヘンティノスの下部組織時代から熟知している選手でもあることから、F・バティスタ監督の信頼も厚い。

 兄セルヒオが、リオネル・メッシとセルヒオ・アグエロを擁する五輪代表を率いて北京で金メダルを獲得したのが2008年のこと。そこから13年の時を経て、兄弟揃って母国の代表監督として五輪に出場できる喜びを噛み締めるF・バティスタ監督は、「現役時代を過ごした思い入れのある国、日本での大きなチャレンジを、選手たちと一緒に楽しみたい」と意気込んでいる。

取材・文●チヅル・デ・ガルシア text by Chizuru de GARCIA

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ