「J歴代ベスト11」アンケートで支持率トップ! 選者コメントからヤットの魅力と凄みをあぶり出す!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年05月20日

「サッカーIQの塊」「“タメ作りの名人”」

今年1月には40歳を迎えたが、そのプレーに衰えは見られず。熟練のテクニックで今季も質の高いパフォーマンスを披露してくれるはずだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

「世界に誇れる選手」(平畠啓史/Jリーグウォッチャー)
「トリッキーなプレーはあまりしないけど、サッカーIQの塊で、判断が的確で、今もJ1でバリバリ。これだけJリーグの“ど真ん中”に居続けている人は他にいません。しかも代表でも最多出場と文句なし」(ワッキー/ペナルティ)
「常に冷静でご自身を客観視してプレーしていると思います。一瞬で攻撃チャンスを作る判断力とパス、キックの技術も素晴らしい」(佐藤美希/Jリーグ名誉マネージャー)
「もう安定ですよ。PKのメンタルの強さもですけど、10年の南アフリカ・ワールドカップのFKはマジで喜びを爆発させて応援してました!!」(シュウペイ/ぺこぱ)
「中村憲剛とともに、Jリーグで育った司令塔で、国内でも成長できると示したキャリアに価値がある」(出嶋剛/共同通信社)
「正確な技術と判断力」(清水寿之/朝日新聞社)
「メッセージ性の高いボールを通す」(丹下友紀子/毎日新聞社)
「見ている側に常に“何か”を期待させる」(飯間健/スポーツニッポン新聞社)
「攻守に特長を出せる。ポジショニングの妙技、確かな技術で中盤のバランスを取る」(松落大樹/デイリースポーツ)
「18歳で横浜Fに入団した時から見てきました。当時のいがぐり頭がなつかしい。『センスがあるなぁ』と思って見ていました」(久保武司/夕刊フジ)
「“タメ作りの名人”」(白鳥和洋/サッカーダイジェスト編集長)
 
 多くの選者が、その優れたテクニックやプレービジョンなど、ピッチ上で見せる非凡な才能に言及。長きにわたるJリーグとG大阪での高い貢献度と目覚ましい実績を称える声もあり、「(ベストイレブンから)外す人がいたら、文句を言いたいくらい(笑)」というワッキー氏の“怒り”もうなずけるか。

 ちなみに、選者50人の回答を集計したランキングのTOP5は以下のとおりだ。

1位 遠藤保仁(MF:G大阪)33票
2位 田中マルクス闘莉王(DF:元浦和、名古屋など)30票
3位 中村俊輔(MF:横浜FC)27票
4位 中澤佑二(DF:元V川崎/東京V、横浜)24票
5位 楢崎正剛(GK:元横浜F、名古屋)23票

構成●サッカーダイジェスト編集部

【遠藤保仁PHOTO】骨太のキャリアを厳選フォトで振り返る 1997~2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ