【岩政大樹】“3バックの導入”と”久保建英の出現”で停滞感を払拭。テストは思惑通りに進行した

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2019年06月10日

「未来」を見ると手放しで喜んでばかりもいられない現実もある

原口(8番)と伊東の両ウイングバックは、コパ・アメリカには参戦しない。では、誰が務めるのだろうか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 それもあってか、後半に入ると早々に4バックへのシステム変更。この狙いは様々な見方ができて、実際に様々な思惑のもとでの総合的な判断だと思われますが、久保選手をデビューさせることからの逆算が理由のひとつでしょう。久保選手の周りに大迫選手、中島選手、堂安選手を置いてこの4選手の同時起用による絡みが見たかった。そのために先にシステムを変え、そのうえで中島選手と同時投入という選択をしたのだと思います。
 
 久保選手のプレーぶりは言わずもがな。見事としか言いようがありません。決定的な仕事ができたわけではないので、大げさな表現で賞賛するのは違う気もしますが、彼の場合は何より”サッカーが上手い選手”。そう考えると、これから成功する可能性より成功しない可能性を探す方が困難でしょう。この試合に日本サッカーの未来を見た気がしました。
 
 さて、「今」を見て良かった点を並べてきましたが、「未来」を見ると手放しで喜んでばかりもいられない現実もあります。

 守備でトライした5−3−2で構えて、ウイングバックの原口選手、伊東選手が高い位置までプレスに出てくるやり方は、日本のプレスを外してもその後のスピードアップがないエルサルバドルに対しては非常に有効でした。しかし、より強い相手に対しては絶対的に必要になる、プレスに”行くところ”と”行かないところ”の繊細なさじ加減を活動期間の限られた代表チームで構築できるかは、まだ分かりません。
 
 エルサルバドル戦で見せたような攻撃の形を再現するためには、ウイングバックに原口選手、伊東選手のような、走れて、仕掛けられて、守備に奔走できて、かつサイズのある選手が必要となりますが、そうした人材は若手を含めて豊富とは言えません。
 
 3−4−3で森保監督が求める各ポジションの役割とここまで主力としてきた選手の特徴が現時点ではマッチしていないポジションもあります。また、久保選手が入ることでパスのルートが変わって、日本の左サイドよりも右サイドからの展開が増えた時の立ち位置や役割の微調整が必要ですし、アジアカップで見られていた4バック時の守備の課題は、3バックへのトライにより、うやむやになったようにも見えます。
 
 これらは今後注視していかなくてはならないでしょう。
 
 早速コパ・アメリカが差し迫っています。守備のプレスがうまくかからない相手、試合状況も十分に考えられますし、そもそも原口選手と伊東選手はコパには参加しません。
 
 エルサルバドル戦の快勝の余韻は、少なくともコパ・アメリカに行く時には日本に置いていった方が良さそうです。
 
【著者プロフィール】
岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。鹿島で不動のCBとし2007年から前人未踏のJ1リーグ3連覇を達成。2010年の南アフリカW杯メンバーにも選出された。現在は解説者として活躍中。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ