173㎝の小兵CB永戸勝也が仙台のサッカーを変える! 無失点の浦和戦、そのプレーを指揮官も高評価

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2019年02月24日

守備だけでなく「もっと攻撃で起点になっていきたい」と意気込む

浦和戦では、持ち前の対人守備の強さを発揮して無失点に貢献した。写真:早草紀子

画像を見る

 そして何より永戸の武器は左足のキックだ。仙台のDFは攻撃の起点としての役割を求められるが、永戸は左足で右サイドのMF蜂須賀孝治やFWハモン・ロペスを狙った正確なロングパスを繰り出し、チャンスにつなげた場面もあった。
 
 また後半には同サイドの関口とワンツーを仕掛け、関口の突破からFW長沢駿のヘディングシュートにつなげた。昨季はポジション争いをしていた関口だが「カツ(永戸)とはキャンプからすごく話し合っていて、いろんな形を築き上げようとしています。今日も良い形ができましたし、カツも良いポジションを取ってくれました」と永戸とコミュニケーションを取り、左サイドからの攻撃を活性化させようとしている。
 
 左ウイングバックから3バックの一角へと移り、見える景色も変わったが、永戸はこう話す。
「キャンプで景色自体には慣れてきましたし、ボランチを1枚落としてディフェンスラインが4枚にした時には4バックの左サイドという形になります。高校大学からやってきた慣れ親しんだポジションで、見慣れない景色ではありませんから違和感はありません。1試合でいろんなポジションをやっている感じです」
 
 昨年の後半戦辺りから仙台は、相手や状況によってボランチが下がって4バックのような陣形を取ることがある。そうすれば永戸の立ち位置は八千代高や法政大の時もやっていた左サイドバックになり、親しみのある景色となる。そうしたことを踏まえても永戸のセンターバック起用は、相手や状況によって戦い方のバリエーションを増やしたいチームの意向に合致すると言えるだろう。
 
 今後に向けて「僕のところからハモンなどにロングフィードを通すのはまだまだできると思いますし、僕自身上がってクロスを上げることも増やしていきたいです。監督・コーチ陣からも僕のところを起点にしてやってくれと言われ、映像も作って見せてくれているので、もっと攻撃の起点になっていきたいですね」と意気込む永戸。守備だけでなく、攻撃のスイッチを入れる選手としての活躍ができれば、仙台のサッカーを大きく変えるキーマンとなるだろう。
 
取材・文●小林健志(フリーライター)

【仙台 0-0 浦和 PHOTO】互いに攻め込むも決め手を欠き痛み分け

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ