最高点は南野! 痛恨ハンドの吉田は…アジア杯決勝の森保ジャパン全選手を海外メディアが採点

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

日本の前線に対する評価は…

MF 堂安 律(7)
「非常にインパクトのあるプレーだった。だが、最後までそれだけだった」

MF 原口元気(6)
「プレーへの影響力に乏しく、何度も上下動を繰り返さなければならなかった」

FW 大迫勇也(7)
「ベストな状態では到底なく、ゴールも挙げられず、目標を達成できずに終わった」

FW 南野拓実(8)
「非常にスマートなフィニッシュ。おそらく今日の日本では、最も頼りになる存在だった」

<サブメンバー>
MF 乾 貴士
「投入されるのが遅すぎた。何の影響力もなかった」

MF 伊東純也
「日本にとっては、遅すぎる投入だった」

FW 武藤嘉紀
「インパクトはあったが、ゴールを奪わなければどうしようもない」

 ちなみに、優勝したカタール代表の選手は全体的に高めで、先発組には7~10という点数がつけられた。

 最高値の「10」を獲得したのは、3得点に絡んだMFアクラム・アフィフ。「すべての得点は彼を経由するものであり、真のスターだ」と絶賛された。ちなみに、オーバーヘッドで先制点を挙げ、大会MVP&得点王に輝いたアルモエズ・アリは「9」だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ