【選手権】来季の飛躍が期待される逸材を厳選!冬の檜舞台で台頭した下級生ベストイレブンを発表!

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2019年01月17日

尚志の染野は今大会の得点王を獲得し、一気にその名を全国に知らしめた

攻撃陣は尚志の染野(右)以外にも逸材がずらり。帝京長岡の谷内田(左)、青森山田の武田(中央)は司令塔としての資質を大いに感じさせた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

MF
藤井海和(流経大柏/1年)

名将・本田裕一郎監督が賛辞を送る1年生ボランチだ。今大会は全試合で先発出場。球際の強さを活かしてボールを奪い、こぼれ球にも一目散に反応して守備を安定させた。準決勝の瀬戸内戦では1得点を挙げるなど攻撃面の成長も著しく、さらなる飛躍が待たれる。

八木滉史(流経大柏/2年)
準優勝の流経大柏を支えた2年生MFはボランチとトップ下で躍動。豊富な運動量と正確なキックで攻守をリードした。そのパフォーマンスは「あいつがいるから助かった」と関川郁万(3年)も認めるほど。新チームの10番候補は高校ラストイヤーで雪辱を期す。
 
田辺利樹(瀬戸内/2年)
パスサッカーを嗜好する瀬戸内において、このレジスタの存在感は抜群だった。アンカー位置から攻撃の舵取り役を担当。最終ラインに降りてボールを受け、鋭い縦パスを何本も前線へ付けた。快進撃を果たした広島の新興勢力を語る上で欠かせない司令塔だ。
 
谷内田哲平(帝京長岡/2年)
高質な技術と一撃必殺のスルーパスで違いを作った”北信越のファンタジスタ”だ。長岡JrユースFCに所属していた中学3年生から帝京長岡でプレーしていた逸材は今冬にブレイク。4試合で2ゴール・2アシストの働きで、一気に来季の主役候補へ躍り出た。
 
武田英寿(青森山田/2年)
洗練された技術を持つレフティだ。今大会は優勝を果たした青森山田で唯一の2年生レギュラーとして活躍。中盤で時間を作るプレーで存在を示すだけでなく、決定的な仕事もこなした。優秀選手に名を連ねて注目度が増し、来季は自身の力が試される1年になりそうだ。
 
FW
晴山 岬(帝京長岡/2年)

1回戦でハットトリックを達成して周囲の度肝を抜いた。以降もフットサル仕込みのテクニックとキープ力で攻撃の起点となり、ゴール前では高質なシュートセンスを如何なく発揮。5得点で今大会のトップスコアラーに輝いた点取り屋が示した可能性は無限大だ。

染野唯月(尚志/2年)
足もとの柔らかさに定評があった点取り屋は今大会で一気に飛躍。決定力に課題を抱えていたFWは3回戦から3戦連発の大暴れ。準決勝では青森山田から圧巻の3ゴールを決め、その名を全国に轟かせた。Jクラブからも興味を示されており、今後に注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ