Jリーガー3人も加わったタイ代表は親善試合2戦2勝! 日本で好調のチャナティップは?

カテゴリ:特集

佐々木裕介

2018年10月18日

3連覇が懸かるスズキカップ。ライバル国も急成長を見せる

トリニダード・トバゴ戦に臨んだタイ代表。国内組だけで臨んだ香港戦よりもクオリティは格段に上がった。(C) Getty Images

画像を見る

 日本代表は来年1月に迫ったアジアカップを見据えての準備段階にあるが、タイ代表にはその前に大事な大会が控えている。AFFスズキカップだ。2年に1度行なわれる東南アジア・ナンバーワンを決する優先順位の非常に高い大会である。
 
 16日、タイサッカー協会(以下、FAT)が発表したスズキカップ候補メンバー30人のリストに、タイ人Jリーガーの名前は誰ひとりとしてなかった。ほぼFIFA国際Aマッチデーの期間外に行なわれる大会に、シーズン終盤戦を控える所属先クラブに派遣義務が生じないことが大きく影響している。
 
 インドネシア、フィリピン、シンガポール、東ティモールと同組となった予選グループ。前回大会で決勝を戦ったインドネシアが相席となるものの、上位2か国が抜ける規定ではほぼ問題なく通過すると予想する。しかし問題はそこからだ。
 
 準決勝の相手はマレーシアかミャンマー、また決勝はベトナムと予想する。近年、若年世代の大頭に目を見張るものがある国々ばかり、特に彼らが中心となりアジアの主要大会で結果を残している事実がベトナムにはある。タイにとっても見て見ぬふりはできない存在だろう。
 
 3大会連続優勝が懸かるAFFスズキカップ。国内組で挑むウォーエレファントがどんな戦いを見せるのか。そして年末、アジアカップを戦うチームへ海外組が合流し、どんな融合形を作り上げるのか。セルビア人指揮官・ミロヴァン・ライェヴァツの手腕も楽しみのひとつである。
 
“海外組”と“国内組”。成長過程に起きるジレンマ。タイサッカーも新たな局面を迎えている。
 
取材・文:佐々木裕介

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ