堂安律の凄みはテクニックだけではない!“最大の長所”は?

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月12日

成長を早めているのが、こうした結果への強いこだわり

堂安が試合後、嬉しさよりも強く語ったのは、悔しさ。この経験を糧にさらに逞しくなるだろう。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「点が取れなかったから持っていないなと、自分に対して少し落ち込んでいます。いや、落ち込んでいるというより、あれだけ結果を出すと言っていたので、不甲斐ないなと思います」
 
 コスタリカ戦後、堂安がデビューの嬉しさよりも強く語ったのは、ノーゴールで終わった悔しさだった。
 
 堂安の成長を早めているのが、こうした結果への強いこだわりだろう。今年7月にインタビューをした際には、「オランダに行って大きく変わったのはメンタルの部分。すごく結果にこだわるようになりました。いくら90分間の内容が良くても目に見えるものを残せなければ、次の試合で使ってもらえるか分からない。そんな状況だったので、精神的に鍛えられましたね」と語っている。
 今回の経験を糧に、きっとまた逞しくなるはずだ。もちろんコスタリカ戦では、そのための収穫もあった。それこそが、前述したふたつのシーン。
 
「裏に抜ける動きはオランダで磨きをかけた部分でもあったし、今まで自分にはなかった形。それに右足で打つことも今までは少なかった。本当に幅広いプレーヤーになっていくためには、収穫のある2本のシュートシーンでした」
 
 代表デビューに浮かれることなく、冷静に振り返り、次につなげる。そんなスタンスに大物感をうかがわせるのだ。
 
「成長したかどうかは周りが判断してくれることなので、自分はただサッカーをひたむきに頑張るだけです。第3者の方が見て、逞しくなったなと思ってくれるようなプレーヤーになりたい。また来月選んでくれるなら、また1か月前よりも逞しくなったなと言われたいです」
 
 飽くなき向上心。これこそが堂安の最大の長所である。森保ジャパンの旗手となるか、若武者のさらなる成長に期待したい。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

【日本代表PHOTO】日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!

【日本代表PHOTO】試合後、サポーターの声援に応える森保ジャパン!

【PHOTO】日本×コスタリカの美女サポーターたち!!

【中島翔哉PHOTO】これが日本の新10番!終始観客を魅了するプレーを見せた中島のPHOTOギャラリー!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ