スコットランド4部から5年でCL決勝へ! 驚異的な飛躍を遂げたSBの波瀾万丈人生「重圧を楽しみたい」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月23日

ファンにフィルミーノのサインをプレゼント。

リバプール1年目のプレミアリーグの成績は、22試合に出場して1得点・5アシスト。「良い関係を築けた」というクロップ監督(左)の信頼を勝ち取った。(C)Getty Images

画像を見る

 クロップ監督とは、社会問題への関心という点でも同じ考え方を持っているようだ。以前も、ロバートソンは恵まれない人に食べ物を寄付するフードバンクに参加した7歳のリバプール・ファンに、FWのロベルト・フィルミーノのサイン入りユニホームをプレゼントしたことが話題となった。

 なぜフィルミーノのユニホームだったのかという質問に、「だれも左サイドバックのユニホームなんて欲しくないでしょ」と笑顔で答えていたロバートソンは、こうした自身の活動が公に騒がれることを望んでいるわけではないとも述べている。フードバンクを支援してきたという彼は、21歳の誕生日のときもプレゼントの代わりにフードバンクに参加することを家族や友人に頼んだという。

「普通は21歳の誕生日プレゼントなら、ウォッカやシャンパンのボトルでしょ? でも、シーズン中に僕は飲まない。シーズンが終わってから仲間と少しビールを飲むくらいだ。だから、だれかが僕にウォッカのボトルを買ってくれるなら、それより20ポンド(約3000円)を寄付してほしいんだ」

 まだ24歳にもかかわらず、厳しい時代を乗り越えてきた経験を持つロバートソンは、CL決勝という夢の舞台を楽しもうとしている。
 
 若きスコットランド代表DFは、「素晴らしいチャレンジだけど、マドリーと戦ううえで問題なのは、相手にファンタスティックな選手があまりにたくさん揃っているということ。ロナウドばかりに集中していたら、他のだれかが出てくる。でも、僕らにはゲームプランがあるんだ。彼らの強みも弱点も見ていくよ」と意気込み、勝負を楽しみたいと語った。

「サッカー選手は引退するとよく、『もっと楽しみたかった』って言うでしょ? これから僕は、リバプールという世界最大級のクラブの一員としてCL決勝を戦う。もちろん、プレッシャーはあるよ。でも、それも含めて楽しまなければいけない。僕は楽しむよ」

 これまで苦労も少なくなかったロバートソンは、キエフの地で最高の舞台を楽しむはずだ。その先に待つのはビッグイヤーなのか…。5月26日の決勝は、もう間もなくだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ