【J1採点&寸評】大宮1-0新潟|失点を防ぎ、決勝弾も。攻守に輝いた江坂任をMOMに

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2017年08月13日

大宮――これぞエース。江坂がチームを救う決勝弾!

ボールを持ち過ぎるシーンもあったが、マテウス(16番)のドリブルは新潟にとって脅威だった。写真:田中研治

画像を見る

FW
7 江坂 任 7
Man of The Match

61分にCKから迎えた被決定機で、ボールを掻き出すファインプレー。73分には河本の落としをワントラップすると、豪快にゴールネットを揺らす。文句なしのMOMだ。

交代出場
FW
10 大前元紀 6(65分IN)
茨田との交代で65分から途中出場。浮いたポジションでボールを待ち、攻撃を活性化する。シュート0本に終わったが、仕事をきっちりとこなした。
 
MF
47 岩上祐三 -(77分IN)
奥井に代わってピッチに送り込まれると、落ち着いたプレーで完封勝利の一助となる。大きなインパクトはなかったが、仕事はこなした。
 
DF
4 山越康平 -(80分IN)
リードを守り切るために投入されると、5バックに変化した最終ラインの左ストッパーに入る。クローザーとしての役目を果たした。
 
監督
伊藤 彰 6.5
新潟守備網のズレを的確に突く采配。1点を守り切るための山越投入も当たったと言える。なかなか得点の生まれない苦しい展開であったが、勝ち切ってみせた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
崖っぷち対決を制したの大宮!江坂任が殊勲の決勝点。新潟は3試合連続無得点で今季17敗目…
天皇杯4回戦のカードが決定!前回王者・鹿島と浦和が激突、筑波大は大宮と対戦
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!
【大宮】マルセロ&カウエが低迷打破の“救世主”に?|新助っ人インタビュー
【現役の眼】元日本代表MF、橋本英郎がおススメする「今季Jリーグの必見ボランチ10選」(後編)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ