【C大阪】清武はなぜJ復帰を選択したのか?「他の欧州のチームからのオファーもありましたが…」

カテゴリ:Jリーグ

原山裕平

2017年02月06日

国内組として臨むことになる日本代表についても、決して不安視していない。

会見の席では、「セレッソでタイトルを獲りたい気持ちしか今はないです」と力強く語った。

画像を見る

 2012年にドイツに渡り、海外では4年半で3つのクラブに所属した。そこで得たものは技術ではなく、気持ちの部分だという。
 
「技術的に伸びたとは思ってませんけど、気持ちの部分だったり、闘う姿勢は海外で身に付きました。この4年半で自分のサッカー人生というか、いろんなことに向き合えたことが、僕にとって一番良かったかなと思います」
 
 今回の移籍には、多くの関係者が尽力してくれたことを理解しているし、ファンからの期待が大きいことも感じている。だから、プレッシャーはあるというが、むしろ大きいのは高揚感。「今はワクワクしています。チームを勝たせる選手になりたいですし、良い順位で終われるように、良いシーズンにしたいと思います」と、新シーズンへの自信を見せた。
 
 今後は国内組として臨むことになる日本代表についても、決して不安視していない。
 
「直接的には話してないですけど。ハリルさんからの言葉はいただきました。Jリーグで結果を残していけば選ばれると思う。セレッソでチームのことを第一に考えながらやっていけば、きっとハリルさんは見てくれていると思うので、まずはセレッソでしっかりと結果を残せるように頑張りたい」
 
 柿谷曜一朗、山口蛍と、C大阪には、一度は海外に挑戦しながら復帰した選手がいる。彼らに強調するのは「セレッソのために」というクラブ愛。そして清武にもまた、このクラブのためにという想いが強く存在していた。
 
「セレッソでタイトルを獲りたい気持ちしか今はないです。熊さん(大熊清強化部長)から『タイトルがこのクラブを大きくする』と聞いたときに、僕自身もセレッソでタイトルを獲りたいと強く思った。今はその気持ちだけでいっぱいです」
 
 46というちょっぴり重たい番号を背負い、清武は愛するクラブのために、新たな一歩を踏み出していく。
 
取材・文:原山裕平(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ