• トップ
  • ニュース一覧
  • フットボールジャーナリズムにはびこるナンセンスな日常【サイモン・クーパーが最後に綴る物語|中編】

フットボールジャーナリズムにはびこるナンセンスな日常【サイモン・クーパーが最後に綴る物語|中編】

カテゴリ:ワールド

サイモン・クーパー

2024年03月31日

ウクライナで最大の失望を経験した

 記者会見はもっとひどい。

 2012年、ウクライナのドネツクで僕は最大の失望を経験した。その時はEURO2012が開催中で、イングランド代表監督のロイ・ホジソンと主将のスティーブン・ジェラードが試合前日会見を行なった。とくに紙媒体のメディアは危機的状況にあったにもかかわらず、西欧メディアの数百人が莫大な経費をかけて東の果てまで駆けつけていた。

 会見が行なわれた30分間、主役ふたりの口から出てきたのは決まり文句だけだ。そして試合後にはいつもと同じことがミックスゾーンで繰り返され、誰もが似通ったマッチレポートを書いた。その1年10か月後、ロシアが初めてドネツクに侵攻した際、現地を訪れた西欧の記者は極端に少なかった。

 この種のジャーナリズムは僕が望むものではなかった。他の人と同じことを書くことに一体なんの意味があるのだろう。それは自分が代替可能な存在ということを自ら証明していることになる(今日ではそれはAIによって証明されつつある)。

 選手や監督と話すことにあまりに多くの時間を費やすと、常套句と間抜けさの海で溺れることになってしまう。フットボールジャーナリズムにはびこるナンセンスな日常に、僕はある意味で失望してしまった。

【後編】に続く

文●サイモン・クーパー 翻訳●豊福 晋

著者紹介/ヨーロッパを代表する著述家。英経済紙『フィナンシャル・タイムズ』などで健筆を振るう。スポーツを人類学的見地から考察する新たなジャンルを切り開き、1994年、サッカーの裏側に迫ったエポックメーキングな名著『サッカーの敵』を上梓し、ウィリアム・ヒルが主催する「スポーツ・ブック・オブ・ザ・イヤー」を獲得した。ウガンダ生まれのイギリス人で、オランダ、アメリカ、スウェーデン、ジャマイカで育ち、イギリスとアメリカで教育を受けた、ワールドワイドなバックグラウンドの持ち主だ。1969年生まれ。

※『ワールドサッカーダイジェスト』2024年1月18日号の記事を加筆・修正
【関連記事】
有名選手も僕やあなたとそれほど変わらないひとりの人間である【サイモン・クーパーが最後に綴る物語|前編】
偉大なフットボーラーをひとりの人間として見る力【サイモン・クーパーが最後に綴る物語|後編】
この世を去ったイングランド史上最高のフットボーラー【サイモン・クーパーの追悼文|前編】
イングランド唯一のワールドクラスだった異端の才能【サイモン・クーパーの追悼文|中編】
ケインやルーニーよりも相応しい後継者は20歳の万能MF【サイモン・クーパーの追悼文|後編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ