「ほぼベッカム」新潟FW谷口海斗が決めた約50mの衝撃ロング弾に脚光!「何回見ても素晴らしい」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月24日

「キーパーも届かない絶妙なコースで完璧」

超ド級のロングシュートを決めてみせた谷口。「前を向いて、GKの位置もズレていたのが見えた。うまく入ってくれて良かった」と振り返る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 その距離は約50メートル。新潟FW谷口海斗が決めた超ロングシュートが脚光を浴びている。

 10月23日に行なわれたJ2リーグ第35節の秋田戦で、1点ビハインドで迎えた76分、新潟が同点に追いつく。センターサークル付近で高木善朗からのパスを受けた谷口がそのまま前進。ハーフウェーラインを越えると、右足を振り抜く。放たれたボールは緩やかな弧を描きながら、ジャンプしたGKの指先をかすめて、ゴールネットに吸い込まれた。

 新潟の公式ツイッターがこのゴールシーンを公開すると、以下のようなコメントが寄せられた。
【動画】「ほぼベッカム」新潟FW谷口の「何回見ても素晴らしい」衝撃ロング弾!
「ほぼベッカム」
「何回見ても素晴らしい」
「これ現地で見たけど発狂してもたw」
「めっちゃテンション上がった!」
「特大キャノン砲」
「今週のJリーグベストゴールだと思う」
「キーパーも届かない絶妙なコースで完璧」
「これは文句なしのゴラッソ」
「だからこそ勝ちたかったな」

 試合後、チームトップの12点目をマークした谷口は「ゴールが空いているなという感覚で、打ったら入るなと思って打った」と振り返る一方、「現実を受け止めないといけない」とも。チームは終了間際にオウンゴールで2点目を献上。試合は1-2で敗れた。

 35試合を終えて、新潟は17勝10分8敗の成績で、勝点61の5位。上位2枠のJ1昇格圏から少し離されているが、まだ可能性は残されている。「まだまだ残り(の試合が)あるので、次に向けてまた準備したい」と、谷口も気合いを入れ直した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】おれたちがついてる!試合後も拍手で選手を鼓舞したアルビレックス新潟サポーター!
 
【関連記事】
「心は日本人です」新潟のスペイン人指揮官が日本語で代表へ熱いエール! ファンは代表監督就任を熱望
「時が止まるループパス」から生まれた新潟の劇的決勝弾が話題騒然!「マンガみたいなゴール」
「なんにもしてないのに」新潟の堀米悠斗がフォロワー5000人増の“異常事態”に仰天!「悪い詐欺に遭わぬよう祈ります」
「可愛すぎて震える」浦和ユンカーの“両手上げてジャンプ”に絶賛の嵐!「サポーターみたいな喜び方」
フル出場の冨安健洋が現地の生放送に“出演拒否”? まさかの対応にマイクを向けたレジェンドも大笑い

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ