A・カイキのヘッド弾&上田の3戦連発で鹿島が2-1勝利! 敗れたFC東京は痛恨の3連敗

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月23日

前半終了間際に鹿島が先制に成功

先制点を挙げたA・カイキ。D・ピトゥカのFKにヘッドで合わせてネットを揺らした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは10月23日、J1第33節の5試合を開催。味の素スタジアムで行なわれたFC東京対鹿島アントラーズの一戦は、2-1で鹿島が勝利した。

 両チームメンバーは以下のとおり。

FC東京/ホーム 監督:長谷川健太
スタメン)
GK:児玉剛 DF:中村拓海、森重真人、ジョアン・オマリ、長友佑都 MF:髙萩洋次郎、青木拓矢、安部柊斗 FW:アダイウトン、永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ
サブ)
GK:阿部伸行 DF:大森理生 MF:東慶悟、品田愛斗、渡邊凌磨、三田啓貴 FW:紺野和也

鹿島/アウェー 監督:相馬直樹
スタメン)
GK:沖悠哉 DF:常本佳吾、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝 MF:三竿健斗、ディエゴ・ピトゥカ、ファン・アラーノ、アルトゥール・カイキ FW:土居聖真、上田綺世
サブ)
GK:クォン・スンテ DF:広瀬陸斗 MF:和泉竜司、荒木遼太郎、遠藤康、レオ・シルバ FW:染野唯月

 鹿島の相馬監督は「試合の入り方」を重要視していたが、立ち上がりに攻勢をかけたのはFC東京。快速FW永井を中心に、スピーディな攻撃で相手ゴールに迫る。

 時間の経過とともに鹿島も攻め込む場面を作るなかで、両チームに決定的なチャンスが訪れるも、いずれもGKのファインセーブでスコアは動かない。

 お互いに攻守の切り替えは素早く、局面で激しいバトルが展開される一方で、なかなか得点は生まれなかったが、前半終了間際に鹿島が均衡を崩す。45+1分、D・ピトゥカのFKからA・カイキがヘディングシュートを流し込み、先制点を挙げる。
 
 鹿島の1点リードで迎えた後半、追いかけるFC東京が果敢に攻めるも、鹿島の堅牢な守備を崩すことができない。逆に65分、鹿島がリードを広げる。カウンターのチャンスに土居のお膳立てから、上田が3戦連発となるゴールをねじ込む。

 苦しい状況となったFC東京は75分、ようやく鹿島ゴールをこじ開ける。中村のクロスから途中出場の渡邊が鮮やかなボレーを突き刺し、1点差に詰め寄る。

 しかし、反撃もここまで。FC東京は懸命に同点弾を狙ったが奏功せず、1-2で敗れ、これで痛恨の3連敗。逃げ切りに成功した鹿島が敵地で勝点3を手にした。

 FC東京は11月3日にホームで34節・清水エスパルス戦に挑む。鹿島は10月27日に天皇杯準々決勝で川崎フロンターレと対戦し、11月3日の34節はサンフレッチェ広島の敵地に乗り込む。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
【関連記事】
「レベルは…別世界だ」ベルギー代表、カラスコが中国サッカーを痛烈批評!「パスは要求しないと出てこないよ」
争奪戦の末にFC東京入りが内定。早大3年生MFが高校時代にJ1強豪のアプローチを断るも…大学屈指のタレントに成長するまで
青森山田MF松木玖生が「僕が求めるものを持っている選手」に挙げたのは? 「勝負したい」ポジションと課題にも言及
「可愛い奥様」「いいね1万回押したい」三竿健斗の日テレ・後藤晴菜アナとの結婚報告にファン反応!
「どうやって出会うんですかね?」内田篤人が後輩選手の結婚報告に驚き!「綺麗でしたよ、とっても」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ